バラハタ(Yellow-edged lyretail)

Scientific Name / Variola louti (Forsskål, 1775)

バラハタの形態写真

SL 60cm前後になる。オジロバラハタに似るが尾は三日月型に湾入して縁は黄色。オジロバラハタは縁が白。
バラハタの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 60cm前後になる。オジロバラハタに似るが尾は三日月型に湾入して縁は黄色。オジロバラハタは縁が白。SL 60cm前後になる。オジロバラハタに似るが尾は三日月型に湾入して縁は黄色。オジロバラハタは縁が白。[若い個体 SL30cm]SL 60cm前後になる。オジロバラハタに似るが尾は三日月型に湾入して縁は黄色。オジロバラハタは縁が白。[若い個体 SL20cm]尾は三日月型に湾入して縁は黄色。オジロバラハタは縁が白。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科バラハタ属
    外国名
    Yellow-edged lyretail
    学名
    Variola louti (Forsskål, 1775)
    漢字・学名由来
    漢字 薔薇羽太
    由来・語源/色合いの華やかさから。
    Forsskål
    ペール・フォルスコール(ペーテル・フォルスコール)。記載は1775年に『諸動物の記載』【DESCRIPTIONES ANIMALIUM』(PETRUS FORSSKÅL,1732-1763 CARSTEN NIEBUHR,1733-1815】。『コペンハーゲンの教授ペーテル・フォルスコールによって東方への旅行中に観察された哺乳類、鳥類、両生類、魚類、昆虫類および下等動物の記載。著者の没後、カールステン・ニーブールによって編纂さる付録として海路の薬用草本〔の目録〕と紅海の地図を付す』。紅海東岸の魚類をミナミヒメジ、バラハタ、オオモンハタ、ナミハタ、ナンヨウツバメウオ、トゲチョウチョウウオ、モンツキクロハギほか。ペール・フォルスコールは1763年マラリアのためにイェリームの町(現イエメン)にて客死。
    地方名・市場名 [?]
    チギ
    場所東京都小笠原 
    グイガチアカジン
    参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県南城市知念知念漁協 
    アカンダミーバイ
    場所沖縄宮古島 
    ナガジュー
    場所沖縄県石垣市 
    ナカジュウミーバイ
    場所沖縄本島 
    ハカマ
    場所高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協 
    フナガ(ブナガミーバイ)
    場所沖縄県八重山・宮古 
    生息域
    海水魚。沿岸の岩礁域、サンゴ礁外縁。水深3-240m。
    伊豆大島、八丈島、少ないが相模湾〜屋久島の太平洋沿岸、琉球列島、南大東島。台湾南部、福建省・香港、西沙諸島、中沙諸島、南沙諸島、インド-太平洋域。
    生態
    基本情報
    主に奄美大島以南で食用としている。シガテラ毒の問題があるとされているので、もともと食用としてた地域以外では流通しない。
    非常に味のいい魚で、熱帯域、国内でも琉球列島では高級魚である。

    都道府県によってはシガテラ毒の危険性から食用としない地域もある。当然、バラハタの全個体が有毒ではない。特に小型魚などに対して「毒魚」などと言うのは愚か、単純に「毒魚」とするのもおかしい。食用とする場合には要注意。地元の方に聞いて欲しいし、科学的でありたい
    水産基本情報
    市場での評価/流通するのは沖縄県など。高価。
    漁法/釣り、銛漁
    産地/沖縄県
    選び方
    赤みの強いもの。鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は秋から春。
    産卵群は春には産卵に向けて質にばらつきがでる。
    鱗は細かく散りにくい。皮は厚みがあって強い。骨はやや硬め。
    非常に上質の透明感のある白身で、透明感は長続きする。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    都道府県によってはシガテラ毒の危険性から食用としない地域もある。当然、バラハタの全個体が有毒ではない。特に小型魚などに対して「毒魚」などと言うのは愚か、単純に「毒魚」とするのもおかしい。食用とする場合には要注意。地元の方に聞いて欲しい
    バラハタの料理法・調理法・食べ方/汁(鍋、みそ汁、潮汁、中華風スープ)、生食(刺身)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)
    バラハタのみそ汁
    バラハタのみそ汁 あらなどから非常にうま味の強いだしが出る。あらを湯通しして、冷水に落としてぬめり、残った鱗などを落とす。水から煮て、みそを溶くだけ。豆腐や野菜を加えると栄養バランスもいいだろう。うま味豊かな汁に身の甘さも際立つ。
    バラハタの煮つけバラハタの煮つけ あらでもいいし、切り身や兜でもいいが、一度湯通しして冷水に落として残った鱗やぬめりを流す。これを酒・しょうゆ味で煮上げる。みりんや砂糖など甘味を加えてもいい。また大根やごぼうなど野菜、豆腐などと煮てもいい。
    バラハタのまーす煮 若魚を丸ごと強い塩水で煮上げたもの。ていねいに水洗い、強い塩水で強火で水分を飛ばすように煮上げる。豆腐は本体以上に美味。青みはなんでもいい。魚本来の味わいがもっともよくわかる料理法だ。
    バラハタの刺身バラハタの刺身 血合いはほとんどないに等しい。全体に透明感のある白身で、今回は季節的なものか脂の甘味はないが、身そのもののうま味が楽しめる。ほどよい食感なのもいい。
    バラハタの唐揚げバラハタの唐揚げ 腹身や尾に近い部分の皮目に包丁を入れて、片栗粉をまぶしてかりっと香ばしく揚げたもの。鶏肉のように身が締まり、香ばしい。適度に繊維質の身には甘みを感じる。
    バラハタの塩焼きバラハタの塩焼き バラハタの切り身に塩コショウして半日ほど寝かせる。これをじっくりと焼き上げる。上品ではあるが焼くとうま味が感じられないのでオリーブオイルとバルサミコをかけて食べてみた。これはなかなか捨てがたい味だ。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本近海産 魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「バラハタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ