ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

キビレハタ(Snubnose grouper)

Scientific Name / Epinephelus macrospilos (Bleeker, 1855)

キビレハタの形態写真

体長約35cmになる。背鰭棘は11、尻鰭軟条は8.尾鰭は丸い。全身に瞳大前後の斑紋があり上部背鰭下では網目状になる。胸鰭には斑紋がない。尾鰭には斑紋がある。胸鰭の下に斑紋がある。背鰭後縁、尾鰭後縁は黄色みを帯びる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科マハタ属
    外国名
    Snubnose grouper
    学名
    Epinephelus macrospilos (Bleeker, 1855)
    漢字・学名由来
    漢字/黄鰭羽太
    由来・語源/第二背鰭と尾鰭の先端が黄色みを帯びるため。
    Bleeker
    Pieter Bleeker(ピーター・ブリーカー 1819-1878 オランダ)。医師、魚類学者。『東インドオランダ領の魚類図鑑』(Atlas Ichtyologique des Indes Orientales Netherlandaises 1862-1878)。軍医としてバタビア(現インドネシアジャカルタ)に赴任。インド洋、西太平洋の魚を採取。
    地方名・市場名
    沖縄ではミーバイ。
    生息域
    海水魚。サンゴ礁。
    沖縄諸島、八重山諸島、小笠原諸島。
    台湾南部、西沙諸島、インド-太平洋。
    生態
    基本情報
    小型のハタ。沖縄では「みーばい汁(みそ汁)などになる。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    キビレハタの料理法/蒸す(清蒸)、煮る(まーす煮、煮つけ)、汁(みそ汁)、揚げる(唐揚げ)

    キビレハタの清蒸
    キビレハタのまーす煮
    キビレハタの煮つけ
    みーばい汁(キビレハタのみそ汁)
    キビレハタの唐揚げ
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/新立鮮魚(沖縄県うるま市)
    『沖縄魚図鑑』(悦秀満 沖縄マリン出版)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「キビレハタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ