ホウセキハタモドキ(Netfin grouper)

Scientific Name / Epinephelus miliaris (Valenciennes,1830)

ホウセキハタモドキの形態写真

体長45cm前後になる。各鰭の網目状の褐色斑紋が大きい。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜科ハタ族マハタ属

    外国名

    Netfin grouper

    学名

    Epinephelus miliaris (Valenciennes,1830)

    漢字・学名由来

    漢字 宝石羽太擬
    由来・語源 網目状になっている斑紋などホウセキハタに似て別種の意味。
    Valenciennes
    アシル・バランシエンヌ(Achille Valencienne 1794-1865)はフランスの動物学者。ジョルジュ・キュビエとともに『魚類の自然誌』を刊行。国内で水揚げされる多くの魚を記載。

    地方名・市場名

    生息域

    海水・汽水域。沿岸の岩礁域、幼魚は泥底、藻場、マングローブ。
    沖縄島、石垣島。インド〜西太平洋。、マーシャル諸島。

    生態

    基本情報

    珍しいハタのひとつ。
    沖縄では単に「みーばい」ではないかと思っている。

    水産基本情報

    市場での評価 他のハタ類と同様の扱いだと思われる。高価。
    漁法 釣り
    産地 沖縄県

    選び方

    触って張りのあるもの。斑紋などが鮮やかなもの退色していないもの。

    味わい

    旬は春から夏ではないか?
    鱗は細かいが硬いのですき引きにする。皮は厚い。
    骨は硬い。
    透明感のある白身で血合いが赤い。熱を通しても硬く締まらない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 汁(みそ汁、ちり)、刺身、煮つけ、唐揚げ、ソテー
    汁◆沖縄では魚のみそ汁を「魚汁」、特にハタのものを「みーばい汁」という。みそに負けないうま味のある汁。他にはちり鍋、ブイヤベースにしてもいい。
    刺身◆白身なのだがうま味が強くて血合いが非常にきれい。素敵な味なのだ。わさびとしょうゆでもいいが、柚胡椒や柑橘類と塩で食べてもうまい。
    煮つけ◆煮ると適度に締まり、身離れがいい。野鶏のごとき歯触りでほどよく繊維質で甘味がある。
    ホウセキハタモドキの魚汁沖縄では魚のみそ汁を「魚汁」、特にハタのものを「みーばい汁」という。
    白身なのだがうま味が強くて血合いが非常にきれい。素敵な味なのだ。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/伊藤さん
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ホウセキハタモドキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ