タテスジハタ(Masked grouper)

Scientific Name / Gracila albomarginata (Fowler and Bean, 1930)

タテスジハタの形態写真

体長40センチ前後になる。頭部に斜め下に走る筋はあるものの、体側に縦筋の模様はない。尾鰭は湾入形。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科タテスジハタ属
    外国名
    Masked grouper
    学名
    Gracila albomarginata (Fowler and Bean, 1930)
    漢字・学名由来
    漢字 縦筋羽太
    由来・語源 成魚にも縦縞が頭部に残っているので、このための標準和名かと考えたが、むしろ幼魚の頃の姿を見ると、わからなくなる。近縁種のミナミハタなどとの混同かも。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。
    小笠原諸島、沖縄諸島以南の琉球列島(ただし写真のものは奄美大島産)。台湾、インド〜西太平洋。
    生態
    基本情報
    食用に出回る魚としては珍魚の部類。
    ハタ科なのである程度の値段がつくが、流通上はほとんど認知されていない。
    水産基本情報
    市場での評価 沖縄、鹿児島、東京都などでとれる食用珍魚。やや高値。
    漁法 釣り
    産地 沖縄県、鹿児島県
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    鱗は細かいく獲りやすい。すき引きする必要がないかも知れない。皮は少しゼラチン質で厚く強く縮む。
    透明感のある白身で熱を通してもあまり強く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    タテスジハタの料理法・調理法・食べ方/生食(刺身)、汁(みそ汁)、煮る(鍋)、揚げる(唐揚げ)、ソテー(ポワレ)

    タテスジハタの刺身 水洗いして、三枚に下ろし皮を引く。刺身状に切ると透明感のある白身で血合いが赤くとても美しい。食感がほどよく、甘みとうま味が感じられてとてもうまい。薄く切ってポン酢で食べてもうまい。

    タテスジハタの塩焼き(兜焼き) 頭部は寸詰まりで小さいが頬やカマ下に筋肉がある。梨子割りにして振り塩をして1時間以上寝かせてじっくりと焼き上げる。皮ののゼラチン質に甘みがあり、非常に味がいい。
    タテスジハタのみそ汁(魚汁) 刺身などにしたあら、胃袋、肝などをとっておく。湯通しして、冷水に落としてぬめりや残った鱗などを流す。水分をよくきり、水から煮出してみそを溶く。非常にうま味のあるだしが出て、身は煮ても軟らかい。野菜、豆腐などと一緒に煮てもいい。

    タテスジハタのちり鍋 頭部、骨つきの腹側の部分を適当に切る。湯通しして冷水に落として、ぬめりや残った鱗などを流す。これを昆布だしに酒をたっぷり入れた汁で煮ながら食べる。実にうま味豊かなだしが出て、身は硬くならずとてもうまい。

    タテスジハタの唐揚げ 頭部、腹骨などを集めて置き、水分をよく拭き取り、片栗粉をまぶしてじっくり二度揚げにする。皮目はねっとりとしてうま味が強く、身は鶏肉のように締まる。実に味わい深い。
    タテスジハタのポワレ 切身に塩コショウして、多めのオリーブオイルで時間をかけてこんがりとソテーする。火が通ったら魚を取りだし、フライパンにレモンと白ワインを加えてデグラッセする。ソテーしても硬くならず、身に甘みがあって美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「タテスジハタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ