ヒトミハタ(Greasy grouper)

Scientific Name / Epinephelus tauvina (Forsskål, 1775)

ヒトミハタの形態写真

SL 60cm (体長)前後になる。背鰭棘11、尻鰭軟条8、尾鰭は丸い。丸い斑紋が鰭にもあり、目の前で吻が隆起する。
ヒトミハタの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 60cm (体長)前後になる。背鰭棘11、尻鰭軟条8、尾鰭は丸い。丸い斑紋が鰭にもあり、目の前で吻が隆起する。目の前で吻が隆起する。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科マハタ属
    外国名
    Greasy grouper
    学名
    Epinephelus tauvina (Forsskål, 1775)
    漢字・学名由来
    漢字/不明
    由来・語源/「瞳羽太」なのか、人物の名なのかわからない。『魚類の形態と検索』(松原喜代松 岩崎書店 1955)に新称とある。
    tauvina サウジアラビアジッタ(Jiddah)での呼び名「Tauvina」から。
    Forsskål
    ペール・フォルスコール(ペーテル・フォルスコール)。記載は1775年に『諸動物の記載』【DESCRIPTIONES ANIMALIUM』(PETRUS FORSSKÅL,1732-1763 CARSTEN NIEBUHR,1733-1815】。『コペンハーゲンの教授ペーテル・フォルスコールによって東方への旅行中に観察された哺乳類、鳥類、両生類、魚類、昆虫類および下等動物の記載。著者の没後、カールステン・ニーブールによって編纂さる付録として海路の薬用草本〔の目録〕と紅海の地図を付す』。紅海東岸の魚類をミナミヒメジ、バラハタ、オオモンハタ、ナミハタ、ナンヨウツバメウオ、トゲチョウチョウウオ、モンツキクロハギほか。ペール・フォルスコールは1763年マラリアのためにイェリームの町(現イエメン)にて客死。
    地方名・市場名 [?]
    ハヤー
    場所沖縄県石垣島 
    生息域
    海水魚。サンゴ礁の水深1-50m。
    八丈島、小笠原諸島、三重県紀伊長島、高知県、宮崎県延岡、鹿児島県、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島。
    台湾南部、香港、西沙諸島、南沙諸島、インド-西太平洋(インド洋東縁以東)
    生態
    初夏が産卵期だと思う。
    基本情報
    主に沖縄で食用となっている。ハタ類なので高価である。
    水産基本情報
    市場での評価/主に沖縄で流通。高価。
    漁法/刺突漁、定置網、刺し網
    産地/沖縄県、鹿児島県
    選び方
    味わい
    旬は秋から春。
    産卵盛期、産卵後はまずい。
    鱗は細かく皮膚に埋没して取りにくい。大型はすき引きしてほうがやりやすい。皮は厚みがあって熱でゼラチン質になる。
    透明感のある白身で熱を通すと最初は硬く締まり、より熱を通すと柔らかくなる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ヒトミハタの料理法/煮る(しょうゆ煮、塩煮)、汁(みそ汁、潮汁、スープ)、生食(刺身、セビチェ)、蒸す(酒蒸し)、焼く(グリル)
    ハヤーのまーす煮
    ヒトミハタのまーす煮 ハヤーの煮つけヒトミハタの煮つけ
    ミーバイ汁みーばい汁(ヒトミハタのみそ汁)
    ヒトミハタのスープ
    ヒトミハタの刺身
    ヒトミハタのセビチェ
    ヒトミハタの骨蒸
    ヒトミハタのグリル
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『魚類の形態と検索』(松原喜代松 岩崎書店 1955)、『日本産魚類全種の学名 語源と解説』(中坊徹次・平嶋義宏 東海大学出版部 2015)
  • 主食材として「ヒトミハタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ