ボロサクラダイ

Scientific Name / Odontanthias rhodopeplus (Günther, 1872)

ボロサクラダイの形態写真

22cm SL 前後になる。体高があり、尾鰭軟条が糸状に伸びる。尾柄部に黒い横帯がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハナダイ亜科イッテンサクラダイ属
    外国名
    学名
    Odontanthias rhodopeplus (Günther, 1872)
    漢字・学名由来
    漢字/襤褸桜鯛
    由来・語源/田中茂穂、もしくは周辺の人間が東京市場(築地)で発見したのだと思う。全長168mmなので幼魚であることや状態が悪かったのではないか? 桜鯛(サクラダイ)は不明。『日本産魚類圖説』(田中茂穂)
    Günther,
    Albert Karl Ludwig Gotthilf Günther (アルベルト・ギュンター 1830-1914 ドイツ→イギリス)。動物学者。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。水深150-340m。
    神奈川県二宮沖、和歌山県宇久井、長崎県、沖縄諸島、宮古諸島水納島沖。
    台湾南部、スラウェシ島、アデン湾、ベンガル湾。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/石田拓治さん(印束商店 長崎県長崎市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚類圖説』(田中茂穂)
  • 主食材として「ボロサクラダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ