アズマハナダイ(Eastern flower porgy)

Scientific Name / Plectranthias kelloggi azumanus (Jordan & Richardson, 1910)

アズマハナダイの形態写真

体長15cm前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハナダイ亜科イズハナダイ属
    外国名
    Eastern flower porgy
    学名
    Plectranthias kelloggi azumanus (Jordan & Richardson, 1910)
    漢字・学名由来
    漢字 吾妻花鯛
    由来・語源 学名の「azumanus」から。たぶん東京市場などで採取したのではないか。
    地方名・市場名 [?]
    アカハゼ タイジル チュウチュウ チョウチョウ トシゴロ
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。沿岸や大陸棚縁辺の岩礁や砂礫底、水深30-300m、主に150-170m。
    新潟県〜九州西岸の日本海、愛媛県八幡浜、茨城県沖、伊豆大島、小笠原諸島、相模湾〜豊後水道の太平洋沿岸、東シナ海大陸棚縁辺、九州〜パラオ海嶺。
    朝鮮半島南岸、済州島、台湾南部。
    生態
    基本情報
    底曳き網、釣りなどで混獲されるもの。小型種なので味こそわるくはないが、あまり利用されることはない。
    水産基本情報
    市場での評価 他の底曳き網の小魚に混ざり入荷して事がある。安い。
    漁法 底曳き網
    産地 静岡県
    選び方
    触って張りがあり、目が澄んでいるもの。赤いもの(退色していないもの)。
    味わい
    旬は秋から春
    鱗は硬いが取りやすい。皮は薄く柔らかく弱い。
    透明感のある白身で、透明感が長持ちする。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    アズマハナダイの料理法・調理法・食べ方/生食(皮霜造り、焼霜造り)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)

    アズマハナダイの煮つけ 身質のよさは魚類中トップクラスだが、小さいのが難点。しかもまとまってとれるわけではない。残念なことの多い魚だが、希に数上がり、料理するととてもうまい。ここでは水洗いして冷水に落としてヌメリやのこった鱗などを流す。これを酒・しょうゆであっさり煮つけてみた。上品な白身ながら味があり、実にうまい。

    アズマハナダイの唐揚げ 鱗をあらく取り、背開きにして内臓、鰓を抜き、水分をよく拭く。片栗粉をまぶして二度揚げしたもの。実に香ばしく、丸ごと余すところなく食べられて実にうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    相模湾で中深場釣りをしているとよくかかってくる外道(目的以外の魚)である。中深場というのはイズカサゴやウッカリカサゴ、アラなどを狙う釣りであるが、その大きな針を飲み込んで上がってくる。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/岩崎薫さん(神奈川県)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「アズマハナダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ