イズハナダイ(Yellowsnout sea bass)

Scientific Name / Plectranthias kamii Randall,1980

イズハナダイの形態写真

体長27センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハナダイ亜科イズハナダイ属
    外国名
    Yellowsnout sea bass
    学名
    Plectranthias kamii Randall,1980
    漢字・学名由来
    漢字 伊豆花鯛
    由来・語源
    地方名・市場名 [?]
    アカズ
    場所鹿児島県鹿児島市 
    生息域
    海水魚。水深100〜300mの岩礁域。
    相模湾、石廊崎沖、和歌山県沖、室戸沖、屋久島沖、沖縄島、与那国島。台湾南部。
    生態
    基本情報
    どちらかというと珍魚のひとつ。
    産地もまばらなら、とれる量も少なく、ほとんど流通していない。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は希。値段はやや安め。
    漁法 釣り
    産地 鹿児島県
    選び方
    色が鮮やかなもので触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は薄くて大きくて獲りやすい。皮は厚くしっかりしている。
    中骨は細いが硬い、頭部は硬い。
    白身で血合いが弱い。ほどよく繊維質で身離れがいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 刺身(皮霜造り、刺身)、煮つけ、汁(みそ汁、潮汁)、ソテー(ポワレ、バター焼き)、唐揚げ、塩焼き
    刺身◆味は皮にあり。なので皮霜造り、焼霜造りにしてうまい。皮にはうま味や風味も感じられる。
    煮つけ◆皮がゼラチン状になる。白身で煮ても硬く締まらず、とても味がいい。
    みそ汁◆まことに濃厚なうま味のあるだしが出る。ご飯のおかずになる。
    ソテー◆塩コショウして皮目をこんがりとソテーしたポワレがうまい。また沖縄流にバター焼きにしてもいい。
    唐揚げ◆香ばしく、鰭などがぱりぱりとして美味。
    塩焼き◆小鯛の塩焼きを思わせる。皮に強い風味がある。
    イズハナダイの皮霜造り味は皮にあり。なので皮霜造り、焼霜造りにしてうまい。
    皮がゼラチン状になる。白身で煮ても硬く締まらず、とても味がいい。
    まことに濃厚なうま味のあるだしが出る。ご飯のおかずになる。
    塩コショウして皮目をこんがりとソテーしたポワレがうまい。
    香ばしく、鰭などがぱりぱりとして美味。
    小鯛の塩焼きを思わせる。皮に強い風味がある。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産 鹿児島県鹿児島市
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「イズハナダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ