アツエゾボラ(Whelk)

Scientific Name / Neptunea heros (Gray,1850)

アツエゾボラの形態写真

殻高12cm前後になる。貝殻が厚く硬く陶器を思わせる(磁器のようではない)。殻口は雄は赤橙色、雌は淡黄褐色。なで肩のものが多いが、肩に太い螺肋がある。
アツエゾボラの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻高12cm前後になる。貝殻が厚く硬く陶器を思わせる(磁器のようではない)。殻口は雄は赤橙色、雌は淡黄褐色。なで肩のものが多いが、肩に太い螺肋がある。殻高12cm前後になる。貝殻が厚く硬く陶器を思わせる(磁器のようではない)。殻口は雄は赤橙色、雌は淡黄褐色。なで肩のものが多いが、肩に太い螺肋がある。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科エゾボラ属

    外国名

    Whelk

    学名

    Neptunea heros (Gray,1850)

    漢字・学名由来

    漢字 厚蝦夷法螺
    由来・語源 黒田徳米の命名。波部忠重・伊藤潔はヒシエゾボラとしていたこともある。「法螺」は巻き貝のこと。「蝦夷」は現在の北海道など北国を表す。「厚」は貝殻に厚みがあって硬いため。模式産地/アラスカ・マッケンジー川沖。

    地方名・市場名

    ビーツブ[Bつぶ]
    場所北海道 
    イワツブ
    場所北海道白糠 参考荷 
    マツブ
    備考岩のように硬いため、。 

    生息域

    海水生。銚子、以北、北海道〜ベーリング海。
    水深180メートル〜200メートル。

    生態

    基本情報

    エゾボラ属は主に生食用に利用されている。エゾボラの「真つぶ(まつぶ)」、「Aつぶ」に対して、本種は「Bつぶ」と関東の市場では呼ばれている。
    刺身になる足の部分の色が黄色く、貝殻に厚みがあるのでエゾボラよりも安いが、味はいい。

    水産基本情報

    市場での評価 関東では比較的見かける機会の多いつぶ。
    漁法 カゴ漁
    産地 北海道道東

    選び方

    原則的に生きているもの。持ち重りして、蓋などを触ってよく動く、もしくは急激に引っ込むもの。

    味わい

    旬は春〜夏。
    足(刺身にする部分)はクセがなく、貝特有の臭みもないが、黄色味が強い。
    甘みがあり、食感もいい。ワタなどから濃厚なだしがでる。
    含まれる毒・テトラミンについて
    ■ 足を割るとクリーム色の柔らかなゼリー状の物体がある。これが唾液腺。ここにテトラミンが含まれている。
    ■ 主にNeptunea(エゾボラ属)の巻き貝の唾液腺に含まれる。
    ■ Neptunea(エゾボラ属)以外にはスルガバイ(エゾバイ科エゾバイ属Buccinum)のスルガバイ、フジツガイ科のアヤボラなどにも含まれる。
    ■ 発症する唾液腺の量は個人差がある。
    ■ 食べると後頭部の激しい痛み、目眩、酒に酔ったような状態になり、吐き気、眼底の痛みをともなう。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    アツエゾボラの料理法・調理法・食べ方/生食(刺身)、焼く(焼きつぶ)

    アツエゾボラの刺身 貝殻から出し、足(刺身にする部分)の部分を包丁で割り、唾液腺を取りヌメリを取る。最初はよくもみ上げる。ヌメリが少なくなったら今度は塩を加えて仕上げもみをする。よく水洗いして、水分を拭き取り、できるだけ薄く切る。マツブ(エゾボラ)と比べると足の色合いが黄色い、足のふたに近い部分が黒くとれやすいなどは気になるものの。「つぶ」らしい食感と甘味が楽しめて美味。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「アツエゾボラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ