コエゾバイ

Scientific Name / Buccinum mirandum Smith,1875

代表的な呼び名イソツブ

コエゾバイの形態写真

70mm SL になる。
コエゾバイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
70mm SL になる。70mm SL になる。70mm SL になる。70mm SL になる。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★★
      一般的(流通量は普通)
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    動物門軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目エゾバイ科エゾバイ属エゾバイグループ

    外国名

    学名

    Buccinum mirandum Smith,1875

    漢字・学名由来

    漢字/小蝦夷蛽
    由来・語源/黒田徳米の命名。エゾバイよりも若干小型だからだと思われる。

    地方名・市場名

    イソツブ[磯つぶ]
    場所北海道、関東などの市場で 
    コイソツブ[子磯つぶ]
    場所北海道苫小牧 参考荷 

    生息域

    海水生。潮間帯下部。
    東北以北、北海道。
    千島列島、サハリン。

    生態

    基本情報

    北海道道東から「磯つぶ」として入荷してくるのはエゾバイとこのコエゾバイ。エゾバイと比べると安く、貝殻の形態にばらつきがある。ヒメエゾバイ型やチシマバイ型、ほとんどエゾバイとしか思えないタイプもある。
    利用法はエゾバイと同じ。

    水産基本情報

    市場での評価/北海道道東から入荷してくる。エゾバイと比べると安い。
    漁法/
    産地/北海道
    道東からの荷 主に白老、苫小牧、釧路などから入荷してくる。形態的にコエゾバイ、ヒメエゾバイ、エゾバイ、チシマバイなどに分けてもいいのかも知れないが、この道東群をすべてコエゾバイとした。

    選び方

    原則的に生きているもの。

    味わい

    旬は不明。
    殻は厚みがあって非常に硬い。巻きが弱く軟体が取りだし安い。
    軟体は煮ても硬くならず、わたにも苦みクセがない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    コエゾバイの料理法・調理法・食べ方/煮る(塩ゆで、しょうゆ煮)

    コエゾバイのしょうゆ煮 ザルなどに入れてざくざくと貝殻をこすり合わせながら洗う。水分をよく切り、酒・しょうゆ・水を合わせた地に一緒に入れて7-10分煮る。半煮えだと軟体が出てこない。身に甘みがあり、わたに甘味とうま味がある。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本近海産貝類図鑑 第二版』(奥谷喬司編著 東海大学出版局 20170130)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「コエゾバイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ