ラウスバイ

Scientific Name / Buccinum rausicum Shikama,1952

ラウスバイの形態写真

12cm SL前後になる。殻皮は褐色、もしくは黄褐色。殻は薄くもろい。3〜4本のくっきりした細い羅肋がある。
ラウスバイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
12cm SL前後になる。殻皮は褐色、もしくは黄褐色。殻は薄くもろい。3〜4本のくっきりした細い羅肋がある。12cm SL前後になる。殻皮は褐色、もしくは黄褐色。殻は薄くもろい。3〜4本のくっきりした細い羅肋がある。12cm SL前後になる。殻皮は褐色、もしくは黄褐色。殻は薄くもろい。3〜4本のくっきりした細い羅肋がある。
    • 珍魚度・珍しさ

      ★★★★
      めったに出合えない
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新腹足目エゾバイ科エゾバイ属エゾバイグループ

    外国名

    学名

    Buccinum rausicum Shikama,1952

    漢字・学名由来

    漢字 羅臼貝、羅臼蛽 Rausubai
    由来・語源 模式産地が北海道羅臼沖であるため。
    1935年生まれの菊地勝弘氏(気象学者)が横浜国立大学2年のとき、北海道羅臼町を回り、貝殻を集めた。当時同大学の教授であった鹿間時夫に送る。これを鹿間時夫が新種として記載する。Buccinum rausicum Shikama,1952 の rausicum は羅臼町にちなむ。
    Shikama
    鹿間時夫(しかま・ときお、1912年〜1978年)。横浜国立大学教授。貝類学・古生物学者。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。水深350メートル〜800メートル。
    北海道オホーツク沿岸。

    生態

    基本情報

    オホーツク海以北に生息する巻き貝で、国内では知床半島周辺だけが産地ではないかと考えている。
    関東にも希に入荷をみるが、本種だけでの荷は見ていない。味がいいのに安い。
    珍魚度 知床半島周辺で手に入る可能性があるが、必ずしもこの地域に行ったら手に入るとは限らない。

    水産基本情報

    市場での評価 関東には希に入荷する。
    漁法 刺網
    産地 北海道

    選び方

    貝殻がもろく壊れていることが多いので、足などに触れてよく反応して動くもの。粘液などがあまり出ていないもの。

    味わい

    旬は秋(入荷時期)。
    貝殻は薄くもろい。軟体は大きく歩留まりはいい。
    テトラミンはなく、唾液腺除去の必要はない。

    栄養

    危険性など

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ラウスバイの料理・レシピ・食べ方/煮る(塩ゆで、酒蒸し、煮つけ)、ソテー(バター焼き)

    ラウスバイの煮つけ エゾバイ属の巻き貝の味わいは種によってあまり変わらない。羅臼沖のものは泥などを嚙んでいなくて活きがよかった。水洗いして表面の汚れなどを落とす。水分をよくきり、酒・水で水から煮て塩を加えて鍋止めする。柔らかく、貝らしい甘さが感じられて美味。わたも非常においしい。
    ラウスバイのバター焼き 貝殻を割り、ワタは分けておく。最初は何も加えずに揉み洗いする。塩を加えてヌメリをもみ出す。食べやすい大きさにきり、水分をよくきっておく。フライパンにバターとにんにくを入れて火をつける。バターが沸き立ってきたら貝を加えて短時間ソテーする。ワタは好みで加える。ワタが入っていた方がこくがある。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/野圭太さん(丸の野水産 北海道羅臼町 https://www.tabechoku.com/producers/27483)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ラウスバイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ