ラウスバイ

Scientific Name / Buccinum rausicum Shikama,1952

ラウスバイの形態写真

殻長10センチ前後になる。貝殻は薄くもろい。3〜4本のはっきりした螺肋がある。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新腹足目エゾバイ科エゾバイ属エゾバイグループ

    外国名

    学名

    Buccinum rausicum Shikama,1952

    漢字・学名由来

    漢字 羅臼貝
    由来・語源 羅臼で見つかった巻き貝という意味合いだと思われる。羅臼町には貝の熱心な収集家で羅臼漁協組合理事でもあった長川吾郎(1901〜1908)がいて、様々な貝を採取して黒田徳米、波部忠重などに送っていたよう。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。北海道東北沿岸。
    水深350メートル〜800メートル。

    生態

    基本情報

    キヌカツギバイとともに羅臼町から秋に入荷してくる。
    本種だけでの入荷は見ていない。
    味がいいのに安い。

    水産基本情報

    市場での評価 キヌカツギバイと一緒に秋に入荷。安い。
    漁法
    産地 北海道

    選び方

    貝殻がもろく壊れていることが多いので、足などに触れてよく反応して動くもの。粘液などがあまり出ていないもの。

    味わい

    旬は秋(入荷時期)。
    貝殻は薄くもろい。
    歩留まりはいい。
    テトラミンはなく、唾液腺除去の必要はない。
    クセのない味わいで熱を通しても硬くならない。
    注/キヌカツギバイと共通

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 塩ゆで、煮る
    塩ゆで◆単に塩味だけでゆでても非常に美味。酒を加えてもよい。個人的には10分以上ゆでているが、まったく硬くならない。
    煮る◆薄い醤油味で煮ても、こってりと甘辛く、煮てもうまい。
    注/キヌカツギバイと共通

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「ラウスバイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ