キノシタバイ

Scientific Name / Ancistrolepis kinoshitai Kuroda, 1938

キノシタバイの形態写真

10cm SL 前後になる。
キノシタバイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
10cm SL 前後になる。10cm SL 前後になる。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目アクキガイ超科エゾバイ科ワダチバイ属
    外国名
    学名
    Ancistrolepis kinoshitai Kuroda, 1938
    漢字・学名由来
    漢字/木下貝、木下蛽
    由来・語源/黒田徳米の命名。木下清一郎に献名。
    Kuroda
    黒田徳米(くろだ とくべい Kuroda Tokubei 1886-1987 兵庫県淡路島)。貝類学者。日本貝類学会創設者で、会長にもなった。同郷の平瀬與一郎の平瀬商店に丁稚奉公にあがり、貝類の収集、のちに分類にたずさわる。
    木下清一郎
    木下清一郎(1907〜1969)。1934年4月、和歌山県白浜に白浜貝館(白浜介館かも。今はない)を設立,千島から台湾に至る標本を展示していた。中でも奇形異形の貝に注意を払って一般人への説明や交流、貝類学者との交流も多かった。キノシタカセン Babelomurex kinoshitai (Fulton, 1930) 、ミノタイラギ、献名されたキノシタバイなど。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。水深100-1800m。
    相模湾〜土佐湾、東シナ海。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/煙草谷さん
    『日本近海産貝類図鑑 第二版』(奥谷喬司編著 東海大学出版局 20170130)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「キノシタバイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ