ドングリバイ

Scientific Name / Buccinum bombycinum Dall, 1907

ドングリバイの形態写真

殻長4cm前後。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    動物門軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目アクキガイ超科エゾバイ科エゾバイ属
    外国名
    学名
    Buccinum bombycinum Dall, 1907
    漢字・学名由来
    漢字 団栗貝
    由来・語源 大きさ、形が団栗(どんぐり)を思わせる。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。水深700m前後。
    サハリン〜駿河湾。
    生態
    基本情報
    現在のところ駿河湾産しか見ていない。
    味はいいものの、小型の巻き貝であまり利用されているとは思えない。
    水産基本情報
    市場での評価 流通上見ていない。
    漁法 筒漁(ヌタウナギ)
    産地 静岡県
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    旬は不明。
    貝殻は薄く手でつぶれる。ふたは薄く小さい。
    テトラミンなどの毒性分はない。
    筋肉は火を通しても硬くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法 煮る(酒蒸し、煮つけ)
    煮る◆小型なので刺身にはできそうにない。よく荒い酒蒸しや煮つけにして美味。
    ドングリバイの煮つけ煮貝 あっさりとしたしょうゆ味で煮たもの。煮ても軟らかく、身に甘みがある。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「ドングリバイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ