クビレバイ

Scientific Name / Buccinum opisthoplectum Dall,1907

代表的な呼び名トウダイツブ

クビレバイの形態写真

殻高12センチ前後になる。周辺に3〜4本の螺肋があるが弱い。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    動物門軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目アクキガイ超科エゾバイ科エゾバイ属ヒモマキバイグループ

    外国名

    学名

    Buccinum opisthoplectum Dall,1907

    漢字・学名由来

    漢字 括貝
    由来・語源 縫合(体層と体層の間)が括れているため。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。水深30〜80メートル。
    島根県以北日本海。

    生態

    基本情報

    日本海側でとれる巻き貝で専門の漁もなく、量の少ないもの。
    非常に地域性の高いものだと思われる。
    北海道のオオカラフトバイ、ヒモマキバイ、東北太平洋側のシライトマキバイなどと同様に「灯台つぶ(トウダイツブ)」という名で扱われ、陰に隠れた存在で目立たない。

    水産基本情報

    市場での評価 関東には非常に希に入荷してくる。
    漁法 底曳き網
    産地 島根県

    選び方

    原則的に生きているもの。粘液などが垂れていないもの。

    味わい

    旬は不明
    貝殻が薄く硬い。
    足(筋肉)に黒い斑があり、わたにくせがない。
    熱を通しても硬くならない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法
    酒蒸し、ソテー、焼く、刺身
    酒蒸し 酒蒸しにしてそのまま、もしくは酢みそなどで食べる。軟らかく、ワタにクセがなくうまい。
    ソテー むき身にしてソテーしてもうまい。バターとしょうゆやサルサソース、ニンニク風味などどのような味つけをしてもいい。
    焼く むき身にして焼き鳥のように仕立てる。もしくは網焼きなどにしてみりん、しょうゆ味で味つけして美味。
    刺身 軟らかく食感の点でエゾボラなどと比べると落ちるが味はいい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「クビレバイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ