トクサバイ

Scientific Name / Phos senticosus (Linnaeus, 1758)

トクサバイの形態写真

35mm SL 前後になる。殻は硬くて円錐形。殻表に10本くらいの縦肋があり、細かい螺肋がまたぎ、交点では鋭い棘状になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    動物門軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目アクキガイ超科エゾバイ科トクサバイ属

    外国名

    学名

    Phos senticosus (Linnaeus, 1758)

    漢字・学名由来

    漢字 木賊貝 Tokusabai
    由来・語源 平瀬與一郎の命名。縦肋などの文様が植物のトクサを思わせるため。
    トクサ(木賊) 本種は各層繋がった太い縦肋があり、細かい螺肋が無数にあるために表面がザラザラしている。これをトクサに見立てた標準和名だ。シダ植物の一種で見た目は竹を小型化したようだ。細長く節があって縦方向に細かい筋がある。これを乾かして板状にし、今の紙やすりのように使っていたらしい。漢字は「砥草」とも書き、印や木などの面を研ぎ出すのに使用される。今でも非常に高級な木材などに使われているようだ。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
    平瀬與一郎
    hirasei, hiraseana, Neohirasea(平瀬與一郎 安政6-大正14 1859-1925 兵庫県淡路島福良)。京都で『平瀬商店(平瀬種禽園)』をいとなみ標本、特に貝殻を商い海外に輸出。貝類学の嚆矢。同郷の黒田徳米は同商店で丁稚をしながら貝類学を学ぶ。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。水深10-50m。
    房総半島以南。インド・西太平洋域。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    危険性など

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「トクサバイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ