モスソガイ

Scientific Name / Volutharpa perryi (Jay, 1856)

モスソガイの形態写真

SL5cm前後になる。貝殻は非常に薄く、ビロード上の殻皮をかぶっている。軟体の足は非常に大きく、貝殻に収まらない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科モスソガイ(Volutharpa)属
    外国名
    学名
    Volutharpa perryi (Jay, 1856)
    漢字・学名由来
    漢字 裳裾貝。
    由来・語源 大きすぎる軟体が裾を引きずっているように見えるため。『六百介品』(1804-1829)による。
    ペルリボラ 岩川友太郎はマシュー・ペリーひきいる黒船来航時(嘉永6年/1853)にアメリカ合衆国海軍東インド艦隊が持ち帰ってJ.Jayが記載したことからこの和名を提唱した。
    perryi
    Matthew Calbraith Perry(マシュー・ペリー 1794-1858)。黒船来航時(嘉永6年/1853)にアメリカ合衆国海軍東インド艦隊が、東京湾、函館湾から持ち帰った標本で記載。
    岩川友太郎
    安政1〜昭和8年 1855-1933、青森県生まれ。モースに師事して近代的な分類学を学ぶ。多くの標準和名をつけるなど貝類の世界での業績が目立つ。『生物学語彙〈ゴキブリは本来、御器かぶり(ごきかぶり)と言ったが本書のルビの振り間違いから「ごきぶり」になる〉』、『日本産蛤類目録』など。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水生。水深10メートル前後の砂泥地。
    瀬戸内海以北、北海道まで。
    生態
    基本情報
    瀬戸内海以北と生息域は広いが、主な産地は東北や北海道。
    産地では安くてクセがなく万人向きに味わいで、おでんなどの具材として人気がある。
    しかし他の地方ではほとんど知られていないもの。
    水産基本情報
    市場での評価
    いちばんよく見かけるのは青森県。青森県では陸奥湾産が非常に高価。三陸産はあまり高価ではない。
    関東では入荷量が少ないのもあり馴染みがないものの見た目が悪くないことからときにやや高値となる。
    漁法/
    産地/青森県、岩手県、宮城県、福島県
    選び方
    原則的に生きているもの。身(足)に張りがあり、粘液などが出ていないもの。
    味わい
    旬は晩秋から冬
    貝殻は柔らかく手でつぶせる。軟体は柔らかく、煮てもあまり硬くならない。
    わたは非常に美味。
    わたの味わい 青森市中央卸売市場青森県では活けもあるが、ゆでたものがヨシ(アシ)の茎でできた串にさされて流通する。これを「串つぶ」といい温めるだけで食べられる。軟体部分よりもわたにうま味がある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    モスソガイの料理法・調理法・作り方/煮る(塩ゆで、煮つけ、おでん)
    モスソガイの煮つけ<
    モスソガイの煮つけ 活けのモスソガイを湯通しする。冷水に落として、表面のぬめりなどを流す。これを酒、砂糖、しょうゆで煮る。長時間煮ても硬く締まらない。軟体自体にはさほど味があるわけではなく、ワタに味がある。非常においしい。
    好んで食べる地域・名物料理


    おでん(モスソガイのおでん) 「串つぶ」はそのままおでんに入れてもいい。生は一度塩ゆでした、表面のぬめりなどをていねいに洗い落として、水分をよくきり、煮汁に入れて温める。煮すぎても硬くならないなど、おでんに入れて重宝する。味もいい。[青森県青森市]

    煮染め(モツブの煮染め) 正月などの煮染めに入れることもある。串つぶはそのまま煮汁であたためる。生は塩ゆでして表面のぬめりを流して、水分をよくきり、煮る。[青森県青森市]
    加工品・名産品

    青森の串つぶ串つぶ(ボイル) ゆでて串に刺したもの。主に秋から冬に出回り、正月用の煮染めやおでんなどに利用される。「串つぶ」は大きなものを使うので基本的に陸奥湾産だ。陸奥湾周辺の海岸線に無尽蔵に生えているアシ(ヨシ)の茎で作られた串に5つずつ刺す。これを塩水などで温めると、そのまま食べることができる。写真は青森県東津軽郡夏泊半島にある平内町
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■青森の駅前市場が今のように整備される前。ほの暗い裸電球に殻つきのままに串刺しにされたものが、どの店にも必ず置かれていた。青森県ではゆでたものを串に刺し、おでん用に売っている。
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
    地方名・市場名 [?]
    ベロツブ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所北海道道南・函館 
    ベーガイ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県銚子 
    ベイボ ヨダレベイボ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県銚子市 
    アワビツブ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所岩手県広田湾・大船渡、福島県いわき市 
    ネレツブ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所岩手県陸前高田市小友町・米崎町・高田町 
    ベー
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所神奈川県三浦市 
    ナンコツブ(ナンコウツブ)
    備考請戸漁港からの荷に書いた名称 場所福島県浪江町請戸 
    バイ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所若狭湾 
    バラツブ
    備考アシ(ヨシ 葦)の茎で作った串に刺して出荷するのと、バラバラで出荷するのとがある。 参考20191217_18むつ市・佐井村 場所青森県むつ市・佐井村 
    ナメラツブ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所青森県下北半島(下北郡) 
    ツブ
    場所青森県平内町 
    モツブ
    場所青森県陸奥湾周辺 
    オデンツブ
    備考1987年青森で購入したのは串刺しのもの。市場のおばさんが言うのは「おでんに入れるので“おでんつぶ”だという。 場所青森県青森市 
    クシツブ[串つぶ]
    場所青森県青森市青森中央市場 
    メラツブ
    参考文献より。 
  • 主食材として「モスソガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ