このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「モスソガイ」はこちら >>
腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科
モスソガイ
Volutharpa ampullacea perryi
エゾバイ科の他の貝へはここから!
魚貝の物知り度/★★★ 知っていたら通人級
食べ方◆ おでん/酒蒸し/煮つぶ(煮染め)
○美味
市場での評価・取り扱われ方◆関東ではあまり馴染みがない。値段は安い。
モスソガイの基本◆
黒船騒動のペリー提督が採取して持ち帰り、種を登録したので別名「ぺるりつぶ(ペルリツブ)」ともいう。
■青森の駅前市場が今のように整備される前。ほの暗い裸電球に殻つきのままに串刺しにされたものが、どの店にも必ず置かれていた。青森県ではゆでたものを串に刺し、おでん用に売っている。
生息域◆瀬戸内海以北、北海道まで
生態◆調べているところ
大きさ◆殻長5センチ前後になる
漁獲方法◆底引き網
漢字◆「裳裾貝」。
由来◆大きすぎる軟体が裾を引きずっているように見える
呼び名・方言◆「べろつぶ」、「おでんつぶ」、「めらつぶ」、「なんこうつぶ」、「なんこつぶ」。
◆食べてみる◆
 青森で購入したのは串刺しのもの。市場のおばさんが言うのは「おでんに入れるので“おでんつぶ”だという。
 確かにゆでこぼしてヌルをとり、おでんに入れて長時間煮ても硬くならず、出しを吸いうまくなる。また逆にいうと旨味のない巻き貝でもある。
 他には酒蒸しにして酢みそで食べるなど、味がないけれどいろいろ使えるもの。
参考/『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
青森市の駅前市場でのモスソガイ。ゆでて串に刺されて市場に並ぶ。
店の人が言うにはおでんにいれて最高だという。



関連コンテンツ

サイト内検索

目次