ヒモマキバイ

Scientific Name / Buccinum inclytum Pilsbry,1904

代表的な呼び名トウダイツブ

ヒモマキバイの形態写真

殻高10センチ前後になる。肩から周辺に4〜5センチのはっきりした紐状の螺肋がある。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★★
      一般的(流通量は普通)
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    動物門軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目アクキガイ超科エゾバイ科エゾバイ属ヒモマキバイグループ

    外国名

    学名

    Buccinum inclytum Pilsbry,1904

    漢字・学名由来

    漢字 紐巻貝
    由来・語源 平瀬與一郎の命名。体層に4〜5本の紐状の螺肋があるため。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。潮下帯〜水深20メートル。
    東北〜千島。

    生態

    基本情報

    主に北海道東部から入荷するやや大型でのっぽの巻き貝。
    北海道では背高のっぽで褐色の巻き貝を灯台つぶ(トウダイツブ)という。
    これが関東でも使われて、築地などでトウダイツブと呼んでいる。
    主に酒蒸しや煮貝、もしくは焼きものにするために手頃な値段で売られている。
    形態 貝殻はやや細長い。太さのやや揃った螺肋(円周上に回る筋)があり、縦肋(縦に走る畝)と交わって小結節瘤(つぶつぶ)を作るが弱い。括れの一番深い部分が縮れたように皺(しわ)状になる
    エゾバイ科エゾバイ属ヒモマキバイの仲間について
    ■ヒモマキバイ、クビレバイ、オオカラフトバイ、シライトマキバイ、スルガバイが食用となる。
    ■スルガバイを除いて市場では「トウダイツブ(灯台つぶ)」。

    水産基本情報

    市場での評価 入荷量はあまり多くはない。安い。
    漁法 バイカゴ漁
    産地 北海道

    選び方

    むき身は粘液などの出ていないもの。活けは生きがよく活発に足などが動くもので、粘液などが出ていないもの。

    味わい

    旬は春から秋
    貝殻は薄く、あまり硬くない。
    足(筋肉)に黒い不定形の斑が入っている。
    わたも美味。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法
    酒蒸し、ソテー、焼く、刺身
    酒蒸し 酒蒸しにしてそのまま、もしくは酢みそなどで食べる。軟らかく、ワタにクセがなくうまい。
    ソテー むき身は家庭ではソテーしてもうまい。バターとしょうゆやサルサソース、ニンニク風味などどのような味つけをしてもいい。
    焼く むき身は焼き鳥のように仕立てる。もしくは網焼きなどにしてみりん、しょうゆ味で味つけして美味。
    刺身 軟らかく食感の点でエゾボラなどと比べると落ちるが味はいい。
    ヒモマキバイの刺身
    刺身。足(筋肉)に黒い斑が入っているのが特徴。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『北の貝の仲間たち』(樋口滋雄)
  • 主食材として「ヒモマキバイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ