ヒラマサ(Yellowtail amberjack)

Scientific Name / Seriola lalandi Valenciennes, 1833

ヒラマサの形態写真

体長1.2m前後だが、最大2.5mになる。側扁(左右に平たい)し、ブリよりも体高が高い。体側中央に縦に黄金色の帯が走る。上顎の背後、いちばん後ろの上方の角は丸い。
ヒラマサの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長1.2m前後だが、最大2.5mになる。側扁(左右に平たい)し、ブリよりも体高が高い。体側中央に縦に黄金色の帯が走る。上顎の背後、いちばん後ろの上方の角は丸い。上顎の背後、いちばん後ろの上方の角は丸い。ブリでは鋭角的で角張っている。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ブリ属
    外国名
    Yellowtail amberjack
    学名
    Seriola lalandi Valenciennes, 1833
    漢字・学名由来
    漢字 平政
    由来・語源 東京での呼び名。ブリと比べて左右に平たく、まっすぐ長いため。もしくはブリよりも平たく、黄金色の縦の帯が直線状(柾 まさ)であるため。
    Valenciennes
    アシル・バランシエンヌ(Achille Valencienne 1794-1865)はフランスの動物学者。ジョルジュ・キュビエとともに『魚類の自然誌』を刊行。国内で水揚げされる多くの魚を記載。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水魚。沿岸の中・下層。
    伊豆〜小笠原諸島、北海道[オホーツク海]〜九州南岸の日本海、東シナ海、太平洋沿岸、瀬戸内海、屋久島、奄美大島、少ないが沖縄県。
    朝鮮半島南岸・東岸、済州島、山東省、ピーター大帝湾、千島列島の太平洋沿岸、インド-太平洋、アルゼンチン、セントヘレナ島。
    生態
    産卵期は春から夏。
    ブリより成長が早い。
    肉食性でアジサバ、スルメイカ、甲殻類などを補食する。
    基本情報
    日本列島以南の暖かい海域に広い生息域を持つ。一般にブリ属3種とはブリ、カンパチ、ヒラマサのこと。なかでもヒラマサはとれる量が少なく、もっとも知名度が低い。またカンパチとともに非常に大型になる。
    養殖も行われているがブリ属ではもっとも量が少ない。
    産卵期が春のブリの旬は冬、春〜夏にかけての本種は夏が旬で、味のいい期間が長い。白身の少ない時期に旬を迎えるので、プロの間では人気が高い。基本的にブリより高い。
    ブリに極めて似ており、プロでも見まごうことがある。ブリとの見分け方は体が平たい、縦縞の黄色が鮮やかであることなどで慣れれば意外と簡単である。また下記の方法も参照されたい。
    ヒラマサ
    主上顎骨後縁上部は丸く角張らない。ブリは角張っている。
    ブリ
    主がく骨後端(口の真上の三角形の部分)の上の角がブリでは尖っている。
    水産基本情報
    市場での評価 ブリ類ではもっとも入荷量の少ないもの。養殖されている量も少ない。値段は一年を通してやや高値。
    漁法 釣り、シイラ漬け漁、定置網
    産地
    選び方
    味わい
    旬は春から夏。
    大型は処理(締め方)がよければ寝かせた方がうまい。小型ではブリよりも美味。
    鱗は小さく、取りにくい。皮は厚みがあって強い。骨はあまり硬くない。
    ブリ属特有の透明感のある白身で、血合いが赤く美しい。
    熱を通すと締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ヒラマサの料理法・調理法・食べ方/生食(刺身、セビチェ、ポキ、なめろう)、煮る(煮つけ)、焼く(塩焼き、みりん干し)、ソテー(ムニエル、フライパン照り焼き)、揚げる(フライ、唐揚げ)、汁(みそ汁、潮汁)、蒸す(清蒸、剁椒魚頭)、卵巣(煮つけ、焼く)

    ヒラマサの刺身[背下部] 同じブリ属でもブリとの違いは白身のように熟成することだ。写真は4日目の背の血合い近くの部分の刺身。血合いは熟成しても酸味はもたつ柔らかく広く深い味わい。脂の甘さと相まって非常においしい。


    ヒラマサの刺身[背上部]
    ヒラマサの刺身[腹身上部]
    ヒラマサの刺身[腹身]
    ヒラマサのセビチェ
    ヒラマサのポキ
    ヒラマサのなめろう
    ヒラマサの塩焼き
    ヒラマサのみりん干し
    ヒラマサのバター焼き
    ヒラマサのフライパン照り焼き
    ヒラマサのフライ
    ヒラマサの唐揚げ
    ヒラマサの清蒸
    ヒラマサの剁椒魚頭
    ヒラマサの潮汁
    ヒラマサの真子煮つけ
    ヒラマサの真子塩焼き
    ヒラマサの白子焼き
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    関東では釣りの対象魚としてはもっとも人気のある魚のひとつである。伊豆七島での磯釣り、外房の「かもし釣り」なども人気がある。このためにヒラマサの伊豆七島の呼び名「ひらそ」の名のつく竿まである。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)
    地方名・市場名 [?]
    ヒラ
    場所三重県志摩市和具、京都府宮津、鳥取、愛媛県三津・宇和島 参考文献、日比野友亮さん 
    シオ ヒラブリ
    場所三重県鳥羽 参考文献 
    ヒラス
    場所大阪、九州、長崎県長崎・平戸市度島・壱岐、山口県下関 参考福畑敏光さん、文献 
    マヤ
    場所富山県生地 参考文献 
    ヒラサ
    場所広島 参考文献 
    シオノコ
    場所新潟県新潟 参考文献 
    ハチ
    場所新潟県筒石 参考文献 
    セントク
    場所新潟県能生町 参考文献 
    アカユ
    場所新潟県頸城(上越市) 参考文献 
    マサ
    場所東京 備考市場などでも。 
    アオッコ
    場所東京都三宅島 サイズ / 時期小型 参考『伊豆・小笠原諸島の魚たち 改訂2版』(東京都水産試験場 2004) 
    ブリ
    場所東京都八丈島 参考『伊豆・小笠原諸島の魚たち 改訂2版』(東京都水産試験場 2004) 
    アオブリ
    場所東京都新島・神津島・三宅島・八丈島 参考『伊豆・小笠原諸島の魚たち 改訂2版』(東京都水産試験場 2004) 
    ヒラマサ
    場所東京都東京・伊豆諸島・小笠原、神奈川県三崎、高知 参考『伊豆・小笠原諸島の魚たち 改訂2版』(東京都水産試験場 2004) 
    ヒラゴ[平子]
    場所長崎県長崎市長崎魚市場 サイズ / 時期小型魚 
    ハマス
    場所高知 サイズ / 時期若魚 参考文献 
    テンコツ
    場所鹿児島 参考文献 
    ハネゴ
    場所鹿児島県 参考文献 
    ヒラソウジ
    場所鹿児島県奄美大島 参考文献 
    マサギ
    場所三重県尾鷲市 
    ヒラソ
    場所山陰など 
    ヘラ
    場所福井県三国 参考文献 
    マサギ
    場所高知県熊野浦 参考文献 
  • 主食材として「ヒラマサ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ