インドオキアジ(Whitemouth trevally)

Scientific Name / Uraspis uraspis (Günther, 1860)

インドオキアジの形態写真

40cm SL 前後になる。口の中は白く体高が高い。側線は直線部分が短く前方の曲線部分が長い。直線部分から曲線になる境真上から前方の軟条は15、オキアジは12。
インドオキアジの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
40cm SL 前後になる。口の中は白く体高が高い。側線は直線部分が短く前方の曲線部分が長い。直線部分から曲線になる境真上から前方の軟条は15、オキアジは12。側線は直線部分が短く前方の曲線部分が長い。直線部分から曲線になる境真上から前方の軟条は15、オキアジは12。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科オキアジ属
    外国名
    Whitemouth trevally
    学名
    Uraspis uraspis (Günther, 1860)
    漢字・学名由来
    漢字 印度沖鰺
    由来・語源 オキアジでより南方系という意味。オキアジは沖合を回遊するアジという意味合い。
    地方名・市場名 [?]
    クロカマチ
    場所鹿児島県南さつま市笠沙 
    ヒンガーガーラ
    場所沖縄本島、八重山 
    ナガウブ ブンガーラ ポンガーラ
    場所宮古 
    生息域
    海水魚。沿岸の50〜130メートルの泥底。
    土佐湾、鹿児島県南さつま市笠沙・薩摩半島・大隅半島、沖縄島。
    台湾、福建省・広東省・海南島、紅海〜ニューギニア島、オーストラリア北岸、インド-西太平洋。
    生態
    基本情報
    水揚げ量も、流通上も国内では少ない魚。オキアジと混同されて水揚げ、流通している可能性が高い。味もオキアジと変わらない。
    水産基本情報
    市場での評価 関東では非常に希に見かける。やや高値。
    漁法 定置網
    産地 沖縄県、鹿児島県
    選び方
    触って張りのあるもの。目が澄んでいるもので、鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は細かく取りやすい。皮は厚みがあって薄皮・皮ともに強い。骨は柔らかい。
    白濁しやすい白身で、熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    インドオキアジの料理法・調理法・食べ方/生食(刺身)、焼く(塩焼き、漬け魚)、煮る(煮つけ)、揚げる(フライ、唐揚げ)

    インドオキアジの刺身 三枚に下ろして腹骨・血合い骨を取り、皮を引き刺身にする。見た目も味わいもマナガツオに似ている。ただしアジの持つ背の青い魚特有のうま味もある。非常に味わい深く、食べ飽きない。

    インドオキアジの塩焼き 夏の固体は脂がのっていた。切り身にして振り塩をする。1時間前後寝かせてじっくり焼き上げる。皮目に独特の風味があって実に味わい深い。身には強いうま味成分から来る甘味がある。
    インドオキアジのあら煮 頭部や切り落とし内臓などを集めて置く。湯通しして冷水に落としてぬめりや残った鱗などを流す。これを酒・みりん・しょうゆ・水で煮る。甘いのがキライであればみりんは不要。こってりが好きなら砂糖を使ってもいい。身離れがよく身自体にもうま味があってとても味がいい。

    インドオキアジのムニエル 切り身にして塩コショウ、小麦粉をまぶして多めの油でソテーする。仕上がりにバター(マーガリン)で風味づけする。皮目は香ばしく、身は適度に繊維質でほぐれ感もよく、豊潤。実にうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/伊東正英さん(鹿児島県南さつま市笠沙)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「インドオキアジ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ