イケカツオ(Doubledotted queenfish)

Scientific Name / Scomberoides lysan (Forsskål,1775)

代表的な呼び名イケガツオ

イケカツオの形態写真

SL 60cm前後になる。ぜんご(稜鱗)がない。第1背鰭は棘で皮膜がない。体側の薄い斑紋は2列(ミナミイケガツオは1列)。口はミナミイケガツオよりも大きく、後縁は目の後縁と同じ位置。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科イケカツオ属
    外国名
    Doubledotted queenfish
    学名
    Scomberoides lysan (Forsskål,1775)
    漢字・学名由来
    漢字 生鰹
    由来・語源 不明。

    Forsskål
    ペール・フォルスコール(ペーテル・フォルスコール)。記載は1775年に『諸動物の記載』【DESCRIPTIONES ANIMALIUM』(PETRUS FORSSKÅL,1732-1763 CARSTEN NIEBUHR,1733-1815】。『コペンハーゲンの教授ペーテル・フォルスコールによって東方への旅行中に観察された哺乳類、鳥類、両生類、魚類、昆虫類および下等動物の記載。著者の没後、カールステン・ニーブールによって編纂さる付録として海路の薬用草本〔の目録〕と紅海の地図を付す』。紅海東岸の魚類をミナミヒメジ、バラハタ、オオモンハタ、ナミハタ、ナンヨウツバメウオ、トゲチョウチョウウオ、モンツキクロハギほか。ペール・フォルスコールは1763年マラリアのためにイェリームの町(現イエメン)にて客死。
    地方名・市場名 [?]
    イケガツオ オオクチイケカツオ ギンアジ ハリウオ ヤナギウオ ビービータャー フサリガッチュ
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。浅場から沖合の表層〜水深100メートル。
    能登半島、山口県日本海側、九州西岸、小笠原諸島、茨城県〜九州南岸の大平洋沿岸、鹿児島県笠沙、屋久島、琉球列島。
    瀬戸内海には希。
    インド-太平洋。
    生態
    基本情報
    温帯、熱帯域の海にいて、主に沖縄県、鹿児島県、宮崎県など暖かい海域で食用となっている。本州などでは成魚はあまりまとまってとれない。
    秋に脂がのってくるものと思われ、味を知る人が増えると値が上がる可能性大。
    水産基本情報
    市場での評価 関東などでは非常に希。主に西日本、九州などに普通。比較的安い。
    漁法 定置網、釣り
    産地 鹿児島県、宮崎県など
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    大型ほど味がいい。
    鱗は非常に細かく硬いが取りやすい。皮は厚みがあって強い。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で脂は皮下、身に混在する。熱を通すと少し硬く締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    イケカツオの料理法/生食(刺身)、煮る(煮つけ)、焼く(塩焼き)

    イケカツオの刺身 三枚に下ろし、皮を引き普通に刺身にした。皮が厚く強いので焼霜造り、皮霜造りには向かない。脂は皮下に層を作り、筋肉にも混在して全体に白く見えるほど。この脂に甘味があるとともに、呈味成分による甘味もある。酸味はほとんどなく、魚らしいうま味もあり、とても美味。

    イケカツオの煮つけ マアジなどの煮つけに煮た味わいになる。ただ少し硬く締まるのが残念である。アジ科特有のうま味の強さと、淡泊な後味を併せ持つ。イヤミがなく箸が伸びるおいしさである。
    イケカツオの塩焼き やや小振りなものを筒切りにして振り塩、じっくりと焼き上げてみた。皮目の香りがいい。これなどアジ科特有のものかも。身は少し硬く締まるものの、うま味豊かで美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/郡山水産(福島県郡山市 ■http://www.ko-suisan.co.jp/)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「イケカツオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ