アイブリ(Blackbanded trevally)

Scientific Name / Seriolina nigrofasciata (Rüppell, 1829)

アイブリの形態写真

SL 53cm前後になる。体高は低く紡錘形でブリなどに近い。ぜんご(稜鱗)、小離鰭がない。第2背鰭に鰭膜があり、第1背鰭は黒もしくは濃い褐色。稚魚、若い個体には太い横縞がある。[SL53cm]
アイブリの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 53cm前後になる。体高は低く紡錘形でブリなどに近い。ぜんご(稜鱗)、小離鰭がない。第2背鰭に鰭膜があり、第1背鰭は黒もしくは濃い褐色。稚魚、若い個体には太い横縞がある。[SL53cm]SL 53cm前後になる。体高は低く紡錘形でブリなどに近い。ぜんご(稜鱗)、小離鰭がない。第2背鰭に鰭膜があり、第1背鰭は黒もしくは濃い褐色。稚魚、若い個体には太い横縞がある。[SL28cm]SL 53cm前後になる。体高は低く紡錘形でブリなどに近い。ぜんご(稜鱗)、小離鰭がない。第2背鰭に鰭膜があり、第1背鰭は黒もしくは濃い褐色。稚魚、若い個体には太い横縞がある。[稚魚]
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科アイブリ属
    外国名
    Blackbanded trevally
    学名
    Seriolina nigrofasciata (Rüppell, 1829)
    漢字・学名由来
    漢字 合鰤
    由来・語源 神奈川県江ノ島での呼び名。鰤(ブリ)に似て、鰤(ブリ)ではない。中間的なもの。
    Rüppell
    Wilhelm Peter Eduard Simon Rüppell(エドゥアルド・リュッペル 1794-1884 ドイツ)博物学者。
    地方名・市場名 [?]
    ブリモドキ
    場所徳島県阿南市椿泊『椿泊漁業協同組合』 
    モウオ
    場所鹿児島県南さつま市笠沙 
    シホノオバサン バカ ハマチ
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。沿岸の中層、下層。
    北海道全沿岸〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、瀬戸内海、屋久島、奄美大島。
    少ないが小笠原諸島、沖縄県。
    朝鮮半島南岸・東岸、済州島、千島列島南岸、ピーター大帝湾。
    生態
    基本情報
    定置網などに紛れ込むもの。珍しいものではないが、1匹、ないし数匹しか一度にとれないので、商品価値は低い。ただサワラやマナガツオに近い白身で嫌みがなく美味。
    産地などだけでなく、もっと広く認知されてもいい魚だと思っている。ちなみに産地や流通上で見つけたらお宝だと思え。
    水産基本情報
    市場での評価 希に入荷する。安い。
    漁法 定置網
    産地
    選び方
    大きい方が味がいい。体側の模様がくっきりしたもの。目が澄んで鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は秋から冬。
    鱗は細かく取りやすい。皮は普通でやや強い。骨はあまり硬くはない。
    透明感のある白身だが、すぐに白濁する。熱を通しても硬く締まらない。
    あらなどからいいだしが出る。
    料理法を選ばない魚のひとつ。
    アイブリの切り身 皮は普通の厚みで、強い。血合いは比較的弱く、脂は身に混在して白濁している。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    アイブリの料理法/焼く(西京漬け、祐庵焼き、塩焼き)、ソテー(ムニエル、フライパン照り焼き)、煮る(煮つけ、鍋)、生食(刺身)、揚げる(フライ)、汁(潮汁)

    アイブリの西京漬け(みそ漬け) 水洗いして三枚に下ろす。切り身にして振り塩をして少し置き、表面の水分を拭き取る。これを西京みそ(白みそ)・みりん・少量の酒・砂糖を合わせた地につけ込む。白みそがなければ、みそはなんでもいい。みそによっては最初の振り塩が不要のものもある。マナガツオとサワラの中間的な味わい。マナガツオと比べると少しだけ繊維が強い。みそ漬けにしてここまでうまいのかという驚きを感じた。

    アイブリの祐庵焼き(幽庵焼き) 三枚に下ろし切り身にして、水分をよく切る。ここで振り塩をして少し置いてにじみ出た水分を拭き取る、という工程はやってもやらなくてもいい。これをしょうゆ・みりん・酒同割りの地につけ込んで焼き上げる。適度に身が締まり、本来のうまさにしょうゆなどのうま味が加わってとても味わい深い。

    アイブリの塩焼き 焼いてみるとメダイに近い気がする。ただし味わいはより深い。これはアジ科のうま味があるためかも。小振りのものは筒切りに、大きなものは切り身にする。振り塩をして1時間以上寝かせて、じっくり焼き上げる。皮目に香りがあり、身に甘みがあって、適度に繊維質で口にいれてほぐれる感じもいい。

    アイブリのフライパン照り焼き 切り身にして水分をよく拭き取る。小麦粉をまぶして多めの油で表面に焦げ目がつくくらいにソテーする。火が通ったら取り出して置く。フライパンにみりん・酒・少量の砂糖、八角一かけ(なくてもいい)を入れて煮つめる。これを皿に盛った身にかけ回す。最上級のご飯のおかずになる。御弁当のおかずにもぴったりだ。

    アイブリのムニエル アイブリは三枚に下ろして血合い骨を抜く。皮を引き適当に切る。塩コショウして、少し置き、表面に出て来た水分を拭き取り、多めの油でソテーする。仕上げに余分な油を捨てて、バターで風味づけする。身の繊維が細くて緻密。その割りに強く縮むことなく柔らかいのがいい。ほどよい身のうまさで、非常においしい。

    アイブリの兜煮(煮つけ) 大型のアイブリの兜を梨子割りにする。これを湯通しして、氷水(冷水)に落として残った鱗やぬめりを流す。水分をよく拭き取り、酒・砂糖・しょうゆ味で煮る。砂糖、みりんを使うとご飯のおかずにいい。煮ることで適度にしまり、身自体の甘みとしょうゆや酒のうま味が相まって絶品きわまりなし。最後には必ず骨湯(医者殺し)に。

    アイブリの寄せ鍋 水たきアイブリのちり鍋 水洗いして、小振りのものはぶつ切りに、大型のものはあらを使ってもいい。一度湯通し、冷水に落として残った鱗やぬめりを流す。水分をよくきり、昆布だしで煮ながら食べる。野菜、豆腐などはお好みで。ポン酢で食べてもしょうが・しょうゆで食べてもいい。寒い時期など最高である。

    アイブリの胃袋の炒り煮 胃袋は開いてていねいに洗い、一度軽く湯がく。これを冷水に落として徹底的にぬめりや残った異物を取り去る。水分をよく切り、適宜に切って置く。鍋にみりん・酒・少量の砂糖・しょうゆを煮立てて、胃袋を入れてささーっとからめるように煮つける。独特の食感が楽しめ、噛めば噛むほどうま味が染み出してくる。

    アイブリの刺身 見た目はサワラかマナガツオに似ている。血合いが薄く、脂が身に混在して白濁している。酸味がすくなく、まったりした味わいだが、アジ科らしいうま味も感じられる。イヤミがなく、上々の味わいだ。ただの濃い口しょうゆよりも刺身たまりの方が合いそう。
    アイブリのフライ 白身で脂が中に混在していて、熱を通すと液状になってそのままとどまる。フライにすると表面の香ばしさと対照的な食感である。白身魚でもっともフライに向いているかも、非常においしい。
    アイブリの唐揚げ 小振りのものはぶつ切りに、大きなものは適当に切る。水分をよくきり、片栗粉をまぶしてじっくり二度揚げする。表面が香ばしいのは当然だが、中がしっとりして豊潤なのが実にいい。揚げたてを塩コショウしたものだが、ヒバーツやチリパウダーなどを使ってもいい。

    アイブリの潮汁 あらを集めておく。これを湯通しして冷水に落として残った鱗やぬめりを流す。水分をよくきり、昆布だし(水でも)で煮だして酒・塩で味つけする。肝や胃袋なども加えて煮ている。思った以上に濃厚なうま味が感じられておいしい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「アイブリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ