カスミアジ(Bluefin trevally)

Scientific Name / Caranx melampygus Cuvier,1833

カスミアジの形態写真

SL 117cm(体長)前後になる。国内ではSL 50cm前後までが多い。脂瞼が発達し体側の後半部分に稜鱗(ぜんご)がある。胸部は完全に鱗で被われる。目が口のラインよりも上にあり、口の後端よりも後ろにある。[成魚]
カスミアジの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 117cm(体長)前後になる。国内ではSL 50cm前後までが多い。脂瞼が発達し体側の後半部分に稜鱗(ぜんご)がある。胸部は完全に鱗で被われる。目が口のラインよりも上にあり、口の後端よりも後ろにある。[成魚]SL 117cm(体長)前後になる。国内ではSL 50cm前後までが多い。脂瞼が発達し体側の後半部分に稜鱗(ぜんご)がある。胸部は完全に鱗で被われる。目が口のラインよりも上にあり、口の後端よりも後ろにある。[若魚]
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ギンガメアジ属
    外国名
    Bluefin trevally
    学名
    Caranx melampygus Cuvier,1833
    漢字・学名由来
    漢字/霞鰺
    由来・語源/和名がついた時期などもわからない。『魚類の形態と検索』(松原喜代松 岩崎書店 1955)に記載されていない。
    Cuvier
    バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。
    地方名・市場名 [?]
    オーバニー ククミチャーガーラ
    場所沖縄県南城市知念漁協 
    カスミアジ
    サイズ / 時期1kg上 場所鹿児島県南さつま市笠沙 
    キゼンメ
    サイズ / 時期1kg下 場所鹿児島県南さつま市笠沙 
    生息域
    海水魚・汽水魚。内湾やサンゴ礁などの沿岸域。
    伊豆〜小笠原諸島、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島。
    幼魚が主/相模湾〜九州南岸の低平洋沿岸・九州西岸
    台湾、西沙諸島、インド-太平洋(ペルシャ湾をのぞく)
    生態
    基本情報
    本州などでは幼魚がよく見られる。成魚は琉球列島に多いが、大きくても60cm前後だ。熱帯の大型個体はシガテラ毒の危険があるとされる。ただし国内、沖縄県などにも大型個体は少なく、沖縄県では一般的な食用魚。
    水産基本情報
    市場での評価/沖縄県などでは一般的な食用魚。入荷量は少ない。一般にアジ科はガーラとして一括りになるのかも。あまり高価ではない。
    漁法/刺し網、刺突漁
    産地/沖縄県など
    選び方
    若魚は金色が強いもの。成魚は鰭際などのコバルトブルーが強いもの。触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は細かく取りやすい。外皮は厚みがあって強く。内側にある白い皮は薄いが硬い。骨はあまり硬くない。
    血合いの赤い白身で透明感がある。熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    カスミアジの料理法/生食(刺身、セビチェ)、揚げる(フライ)、ソテー(バター焼き)、汁(みそ汁)、煮る(煮つけ)、汁(みそ汁)







    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「カスミアジ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ