ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ホシカイワリ(Yellowspotted trevally)

Scientific Name / Carangoides fulvoguttatus (Forsskål, 1775)

ホシカイワリの形態写真

体長70センチ前後になる。側扁する。目の形で体側に褐色の小さな斑文が散らばる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ヨロイアジ属
    外国名
    Yellowspotted trevally
    学名
    Carangoides fulvoguttatus (Forsskål, 1775)
    漢字・学名由来
    漢字 星貝割
    由来・語源 カイワリに似て星状の斑文がある。
    Forsskål
    ペール・フォルスコール(ペーテル・フォルスコール)。記載は1775年に『諸動物の記載』【DESCRIPTIONES ANIMALIUM』(PETRUS FORSSKÅL,1732-1763 CARSTEN NIEBUHR,1733-1815】。『コペンハーゲンの教授ペーテル・フォルスコールによって東方への旅行中に観察された哺乳類、鳥類、両生類、魚類、昆虫類および下等動物の記載。著者の没後、カールステン・ニーブールによって編纂さる付録として海路の薬用草本〔の目録〕と紅海の地図を付す』。紅海東岸の魚類をミナミヒメジ、バラハタ、オオモンハタ、ナミハタ、ナンヨウツバメウオ、トゲチョウチョウウオ、モンツキクロハギほか。ペール・フォルスコールは1763年マラリアのためにイェリームの町(現イエメン)にて客死。
    地方名・市場名
    ソージ
    生息域
    海水魚。宮城県以南。インド・太平洋域。
    生態
    基本情報
    九州南部以南ではときに見られるもの。
    都市部ではまったく見られない。
    水産基本情報
    市場での評価 関東にはほとんど来ない。希。
    漁法 定置網
    主な産地 鹿児島県
    選び方
    触って硬いもの。黄金色の斑文のはっきりしているもので鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は不明
    シマアジに近い身質。
    クセがなく旨みのあって上質。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    焼く(塩焼き)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)
    ホシカイワリの刺身のサク
    刺身のサク 血合いが美しく、上質な身。刺身にするととてもうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    関東の主に東京都。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ホシカイワリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ