カイワリ(Whitefin trevally)

Scientific Name / Kaiwarinus equula (Temminck and Schlegel, 1844)

カイワリの形態写真

40cm前後になる。体高が非常に高く、タイ型をしている。目が大きい。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目カイワリ属
    外国名
    Whitefin trevally
    学名
    Kaiwarinus equula (Temminck and Schlegel, 1844)
    漢字・学名由来
    漢字 「貝割」。
    由来 カイワリは東京での呼び名。
    「二枚貝を左右に開いた形を、『貝割』という」、「草木の発芽したばかりの双葉の状態も『貝割」という。尾の形が、双葉の形に似ていることから」。
    Temminck
    コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    Schlegel
    ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水魚。南日本。水深200mよりも浅場。
    北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、北海道〜九州南岸の太平洋沿岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、東シナ海大陸棚域。
    小笠原諸島には少ない。
    朝鮮半島南岸、渤海、黄海、台湾、中国東シナ海・南シナ海沿岸、海南島、南アフリカ、ソマリア沖、オマーン島、オーストラリア北西岸、ハワイ諸島、イースター島。
    生態
    産卵期は秋、9月から11月。
    やや深い海底に棲息。
    グイグイと鳴く。
    基本情報
    あまりたくさんとれない魚で比較的ローカルな魚といえる。
    知名度は低いが魚に詳しい人たちには「味のいい魚」として知られている。
    水産基本情報
    市場での評価 関東の市場にもときどき入荷してくる。体長15センチ前後の小型の入荷がほとんどで、大型のものは希にしか見かけない。値段はやや高め。
    漁法 定置網、底曳き網、釣り
    主な産地 長崎県、大分県、三重県、神奈川県、鹿児島県、和歌山県などから入荷してくる。
    選び方
    触って硬いもの。体色がきれいで鱗などの輝きが感じられるもの。鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は夏だと思われる。ただし年間を通して美味。
    鱗は薄く取りやすい。塩焼きなどにするなら取らなくてもいい。皮は薄く弱い。骨は軟らかい。
    透明感のある白身で血合いは強くない。熱を通すとやや硬く締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生食(刺身、セビチェ、焼霜造り、なめろう・みそたたき)、焼く(塩焼き)、ソテー(ムニエル)、煮る(煮つけ)、汁(みそ汁、潮汁)、揚げる(フライ)
    カイワリの刺身刺身 25cmを超える大形の刺身。脂がのっているのか甘味が強く、身のきめが細かく甘味が強い。刺身として魚類中トップクラスの味だ。
    カイワリのなめろうみそたたき(なめろう) 三枚に下ろして腹骨を取り、皮を剥ぎ取る。これを細かく切り、香辛野菜(ねぎ、玉ねぎ、青じそ、みょうが、しょうがなど)とみそを加え切れる包丁でたたいたもの。これを焼くと「さんが焼き」になる。
    カイワリのセビチェセビチェ 三枚に下ろし、腹骨、皮、血合い骨を抜く。細かく切り、辛い青唐辛子、紫玉ねぎと和えて、塩を加え、ライムを搾り込む。好みでにんにくを加えてもいい。
    カイワリの焼霜造り焼霜造り 三枚に下ろして腹骨と血合い骨を抜く。皮目をあぶり、冷水に取り、水分をよく拭き取る。これを刺身状に切ったもの。皮目に独特の風味が感じられて美味。
    カイワリの塩焼き塩焼き 25cmを超える大形を切り身にして塩焼きにしてみた。アジ科らしくうま味豊かで、焼いてほどよく締まる身に甘みが感じられる。非常においしい。
    カイワリのムニエルムニエル 鱗を取り、内臓・鰓をずぼ抜きする。切れ目を入れて塩コショウして小麦粉をまぶす。これを多めの油でソテー、仕上げにバターの風味をつけたもの。香りづけにはパセリを使った。
    カイワリの煮つけ煮つけ 水洗いして、酒、みりん、薄口しょうゆで煮てみた。関東ではこってりと甘辛く煮るがこれもいい。少し硬く締まるが見にうま味があってついつい箸が伸びる味だ。
    カイワリのみそ汁みそ汁 沖縄の「がーらのいお汁」にあたる。頭部などあらをいちど湯通しし、冷水に取り鱗や血液などを洗い流す。水をよく切り、昆布だしで煮だしてみそを溶く。実にうま味豊かな汁になる。
    カイワリの潮汁潮汁 小振りのカイワリを水洗いして適宜に切る。これを一度湯通しして冷水に落とす。これを昆布だし(水で可)で煮出す。最後に酒と塩で味つけする。薬味は柑橘類もしくは黒コショウがいい。
    カイワリのフライフライ 三枚に下ろして皮を引く(小振りのものは皮付きでもいい)。塩コショウして1時間くらい置き、小麦粉をまぶして揚げる。マアジよりも白身に近い味で上品。イヤミがない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品

    カイワリ干物 20センチ前後のカイワリを開き干しにしたもの。安くてとてもうまい。[越紋商店 千葉県南房総市千倉町平舘679]
    開き干し 「ぜんめの開き」。小型のカイワリを開き干しにしたもの。安くて非常にうまい。[江口蓬莱館 鹿児島県日置市東市来町伊作田7425-5]
    釣り情報
    相模湾は瀬の海などでアジやマダイ釣りをしていると時たまかかる。エサはオキアミ。たな(水深)は80メートル〜100メートル前後。引きのよさはバツグンである。体長30センチ前後になるが、ここまでのはめったにお目にかかれない。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/鹿児島県南さつま市 伊東正英
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
    地方名・市場名 [?]
    アジ
    場所広島県倉橋島 
    オキアジ[沖あじ]
    場所山口県周南市 
    カクアジ[角あじ]
    場所神奈川県相模湾、静岡県沼津市 
    ギーギ
    場所三重県津市・熊野市 
    ギンアジ[銀あじ]
    場所熊本県熊本市 
    ゼンメ
    場所鹿児島県南さつま市笠沙 
    バケラ
    場所高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協 
    ピッカリ
    場所神奈川県真鶴町 
    ヒラアジ
    参考長浜鮮魚市場20181120、熊本市田崎鮮魚市場20181120 場所石川県七尾市七尾魚市場、愛知県一色町、大分県中津市中津魚市場、福岡県福岡市、熊本県熊本市 
    ベイケン
    場所高知県安芸市・高岡郡中土佐町 
    メカリアジ
    参考長浜鮮魚市場20181120 場所静岡県焼津市 
    メッキ(メッキアジ)
    備考メッキと呼ぶ地域は多い。 場所三重県尾鷲市、広島県倉橋島、愛媛県八幡浜、福岡県福岡市、長崎県長崎魚市場、大分県中津市中津魚市場 
    オキアジ ギンアジ ギンウクゴ ギンタイ ギンベイアジ グイ コシアジ コセ コゼン シマアジ シモアジ セイマイ ナガカマジ セイマイ ゼンマイ ベイケン ベケン ベンケイ メイキ メジマアジ メッキュウ モチノウオ
    参考文献より。 
  • 主食材として「カイワリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ