コバンアジ(Small spotted dart)

Scientific Name / Trachinotus baillonii (Lacepède,1802)

コバンアジの形態写真

30cm SL 前後になる。体側に黒点がある。背鰭棘に皮膜はない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科コバンアジ属
    外国名
    Small spotted dart
    学名
    Trachinotus baillonii (Lacepède,1802)
    漢字・学名由来
    漢字 小判鰺 Kobanaji
    由来・語源 田中茂穂の命名。側面からみた体型が小判型であり、アジ科であることによる。
    Lacepède
    Bernard Germain Lacepède(ベルナール・ジェルマン・ド・ラセペード 1756-1825 博物学者、音楽家。フランス)はビュフォン(Georges-Louis Leclerc de Buffon 博物学者。リンネとは違った配列を試みた)の後継者。
    地方名・市場名 [?]
    スーミツガーラ
    場所沖縄本島 
    スーイユ スーミチャーガーラ
    参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県南城市知念漁協 
    ヤハチ
    参考伊東正英さん 場所鹿児島県南さつま市笠沙 
    シラアジ
    場所和歌山県南部 
    ハンダイガーラ
    場所沖縄県宮古 
    生息域
    海水魚。沿岸浅瀬の砂地の仮想域。
    宮城県石巻、八丈島、相模湾〜九州南岸の太平洋、玄界灘、長崎県、鹿児島県笠沙、琉球列島。韓国釜山、台湾、広東省、海南島、西沙諸島、インド洋-太平島の熱帯・亜熱帯域。
    生態
    咽頭歯が発達していて、砂地などにいる貝などをつぶして食べている。
    基本情報
    国内では主に鹿児島県奄美大島、沖縄諸島、大東諸島、先島諸島など琉球列島であがるもの。
    希に本州などでもあがるが非常に少ない。
    非常に良質な身で、生食など味がいい。
    水産基本情報
    市場での評価 関東には希に入荷するだけ。大型はやや高値。小型は安い。
    漁法 定置網、釣り
    産地 鹿児島県、沖縄県、東京都、静岡県、宮崎県など
    選び方
    味わい
    産卵前の初夏と秋から冬。
    相模湾、駿河湾などでは水温が下がり始めると脂が層を作る。熱帯域などとは脂ののりかたが違う。
    鱗は硬く取りにくい。皮は硬くやや厚みがある。骨は硬め。
    透明感のある白身で血合いが広く赤い。腹側の血合いは薄い。
    骨などからいいだしが出る。熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    コバンアジの料理法・調理法・食べ方/生食(刺身)、ソテー(バター焼き)、焼く(塩焼き)、汁(みそ汁)

    コバンアジの刺身 血合いが美しく、しかも味がいい。その上比較的安いので、ありがたい魚の最たるもの。暖かい海域では春〜夏。本州、紀伊半島以北では秋から初秋に味がいいと思ってる。

    コバンアジのバター焼き 皮がしっかりしているので、塩コショウしただけでじっくりソテーする。バターの風味がとても合う。最後のしょうゆを加えるとご飯にも合う。
    コバンアジの塩焼き
    焼くと少し身が固く締まるが美味しい。
    コバンアジの汁 いいだしが出るので沖縄風にみそ汁にしてとても美味。潮仕立てよりも、みそ仕立てに軍配が上がる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/伊東正英さん(鹿児島県南さつま市笠沙)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「コバンアジ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ