マルヒラアジ(Onion Trevally)

Scientific Name / Carangoides caeruleopinnatus (Rüppell,1830)

マルヒラアジの形態写真

体長30cmを超える。強く側へん(左右に平たい)する。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ヨロイアジ属
    外国名
    Onion Trevally
    学名
    Carangoides caeruleopinnatus (Rüppell,1830)
    漢字・学名由来
    漢字 丸平鰺
    由来・語源 側面から見た形から。
    Rüppell
    Wilhelm Peter Eduard Simon Rüppell(エドゥアルド・リュッペル 1794-1884 ドイツ)博物学者。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。内湾の浅場。
    駿河湾〜鹿児島県、沖縄県。インド・西太平洋域。
    生態
    基本情報
    鹿児島県以南では比較的見かける機会が多い。
    ただし他のヒラアジ類と混同されている可能性大。
    水産基本情報
    市場での評価 鹿児島県以南の市場で見かけるもの。やや高値。
    漁法 定置網
    産地 沖縄県、鹿児島県
    選び方
    触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は春から夏かも ただ年間を通じてあまり味が落ちない。
    鱗は薄く細かい。皮はやや硬め。骨は軟らかい。
    透明感のある白身で血合いが赤い。
    熱を通してもあまり縮まない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、煮つけ、汁(みそ汁)、塩焼き、ソテー(ムニエル)
    マルヒラアジの刺身刺身
    カルパッチョやセビチェにしてもいいが、素直にしょうゆ・わさびで食べるのがいい。血合いが美しく実に味がいい。
    マルヒラアジの煮つけ煮つけ
    煮ても硬くならず、身離れがいい。しっとりとほどよく繊維質で実に味がいい。甘味すら感じる。
    マルヒラアジの汁
    沖縄でいうところの「がーらの魚汁」である。要するに魚で作るみそ汁だ。とても味わい深く滋味豊かな汁になる。
    マルヒラアジの塩焼き塩焼き
    焼いても硬くならず、しっとりとして皮に風味がある。
    マルヒラアジのムニエルムニエル
    ムニエルにすると実に味がいい。これをマフィンに挟んでみた。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/伊東正英さん 鹿児島県南さつま市笠沙
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「マルヒラアジ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ