イトヒキアジ(Giliated threadfish)

Scientific Name / Alectis ciliaris (Bloch,1788)

イトヒキアジの形態写真

SL1m前後になる。 幼魚は身体が真四角に近く、背鰭、尻鰭が長い。頭部は背から吻にかけて丸みを帯びて目の先で直線的になる。成魚になると背鰭、尻鰭が短くなり、身体が長くなる。[SL10cm]
イトヒキアジの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL1m前後になる。幼魚は身体が真四角に近く、背鰭、尻鰭が長い。頭部は背から吻にかけて丸みを帯びて目の先で直線的になる。成魚になると背鰭、尻鰭が短くなり、身体が長くなる。[SL10cm]SL1m前後になる。幼魚は身体が真四角に近く、背鰭、尻鰭が長い。頭部は背から吻にかけて丸みを帯びて目の先で直線的になる。成魚になると背鰭、尻鰭が短くなり、身体が長くなる。[SL17cm]SL1m前後になる。幼魚は身体が真四角に近く、背鰭、尻鰭が長い。頭部は背から吻にかけて丸みを帯びて目の先で直線的になる。成魚になると背鰭、尻鰭が短くなり、身体が長くなる。[SL55cm]頭部は背から吻にかけて丸みを帯びて目の先で直線的になる。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科イトヒキアジ属
    外国名
    Giliated threadfish
    学名
    Alectis ciliaris (Bloch,1788)
    漢字・学名由来
    漢字 糸引鰺。
    由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。相模湾などでは成魚ではなく背ビレ尻ビレの伸びた幼魚が主に見られる。この幼魚期の背ビレ、尻ビレの伸びている模様から。
    Bloch
    Marcus Élieser Bloch(マルクス・エリエゼル・ブロッホ 1723-1799 ドイツ)。医師、博物学者。ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー(Johann Gottlob Theaenus Schneider)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水魚。内湾など沿岸の水深100mよりも浅場。
    伊豆〜小笠原諸島、千葉県〜九州南岸の太平洋沿岸、屋久島、琉球列島、東シナ海中部の大陸棚縁辺域。
    幼魚が多い/北海道〜茨城県の太平洋岸、日本海沿岸
    希で幼魚のみ/瀬戸内海沿岸
    千島列島南部太平洋沿岸、ピーター大帝湾、山東半島、朝鮮半島南岸・東岸、台湾、中国東シナ海・南シナ海沿岸、海南島、全世界の熱帯海域。
    生態
    基本情報
    糸を長く引く幼魚は未利用魚のひとつ。関東などでは秋に幼魚がとれ、三重、和歌山から九州では成魚もとれる。幼魚はまとまってとれるが評価は低く、雑魚に近い扱い。成魚もあまり評価は高くない。
    ただし徐々に味のよさが知られてきている。
    水産基本情報
    市場での評価 ヒレの伸びた幼魚は秋などにまとまって入荷。安い。成魚も安い。
    漁法 定置網
    産地 神奈川県、大分県、和歌山県など
    選び方
    銀色に輝いているもの。触って張りのあるもの。眼が澄んでいるもの。
    味わい
    成魚の旬は春から初夏。幼魚は秋。
    大小に関わらず味がいい。
    鱗はほとんど気にならず、皮は非常に薄い。骨は柔らかい。
    透明感のある身で血合いは薄い。熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    イトヒキアジの料理法・調理法・食べ方/生食(焼き切り、刺身、カルパッチョ、セビチェ)、汁(みそ汁)、煮る(煮つけ)、揚げる(フライ、唐揚げ)、ソテー(バター焼き、ムニエル)、焼く(塩焼き)

    イトヒキアジの焼き切り(焼霜造り) 水洗いして三枚に下ろす。背と腹に血合い骨から分けて、皮表面をあぶって刺身状に切ったもの。アジ科らしい皮目の香ばしさ。身の豊かなうま味が楽しめて非常にうまい。本州に多い若魚を使えるのも魅力だ。

    イトヒキアジのカルパッチョイトヒキアジのカルパッチョ 薄切りにして、ニンニクの香りづけした皿に敷き詰め、塩コショウ、オリーブオイル、柑橘類で味つけしたもの。柑橘類は和歌山県の「さんず」を使った。


    イトヒキアジの刺身 糸がなくなった大型の刺身だ。三枚に下ろし腹骨と血合い骨を取ると、背側は普通だが腹側はいびつになる。この腹側の刺身だ。比較的脂がのっていて甘味うま味豊かでとても味わい深い。
    イトヒキアジのみそ汁(ガーラ汁) 沖縄では「がーら」と言われるアジ類を好んで魚汁(みそ汁)にする。アジ類はみな実にいいだしが出る。本種も同様で味のある汁に煮ても硬く締まらない身にうま味がある。
    イトヒキアジの煮つけ 小振りのものは適当に切り、大型魚はあらを使うといい。湯通しして冷水に落としてヌメリなどを流す。これをしょうゆ・酒・水であっさりと煮てもいいし、みりん、砂糖でこってり味つけしてもいい。頭部には思った以上に身がついていて、煮てしっとしと硬く締まらず、甘味があってとても美味しい。
    イトヒキアジの魚すき(へか焼き、煮食い) 要するに魚のすき焼きである。煮汁はしょうゆ・みりん・酒・水が基本。甘めが好きなら砂糖を入れても上等なものになる。野菜もお好みで。コンニャクは島根県大田市の「煮食い」で定番の具。豆腐を入れてもいいし、ようするに何でもOK。また市販のすき焼きのたれを使ってもいい。

    イトヒキアジのバター焼き 小振りを水洗いして頭部と鰭などを切り落とす。塩コショウして多めの油でじっくりソテー、仕上げにマーガリン(バター)で風味づけしたもの。出来上がりにしょうゆをたらすとご飯に合う。
    イトヒキアジのムニエル 小型は丸のまま、大型は皮を引き切り身にして使うといい。塩コショウして、小麦粉をまぶして多めの油でじっくりとソテー。仕上がりにマーガリン(バター)で風味づけしたもの。
    イトヒキアジの唐揚げイトヒキアジの姿揚げ(唐揚げ) 水洗いして水分をよくきり、片栗粉をまぶしてじっくりと二度揚げしたもの。小形は丸のまま揚げると香ばしくて美味。大形は腹身やあらなどを唐揚げにするとうまい。
    イトヒキアジのフライ クセのない白身で熱を通しても硬く締まらない。アジ科らしいうま味豊かでフライにするとマアジに劣らない味わいになる。体高があるために見た目にもきれいである。
    イトヒキアジのはらもの塩焼きイトヒキアジの塩焼き 上身よりも前方腹の部分やかまが塩焼きに向いている。焼いても硬くなく、上質の身で味がある。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/長野淳さん(長宗商店 三重県熊野市)、さんの水産(神奈川県小田原市)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)
    地方名・市場名 [?]
    ヒラソージ
    備考ウマヅラアジとともに。 参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県南城市知念漁協 
    ソージガーラ
    場所沖縄県南城市知念知念漁協 
    イトヒキアジ
    場所神奈川県三崎・小田原 
    イトヒキ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所神奈川県江ノ島、和歌山県和深・辰ヶ浜 
    エバ
    備考体高のあるアジ科の総称 場所鹿児島県南さつま市などで 
    イトマキ[糸巻き]
    場所三重県尾鷲市(参考:一日一魚) 
    バター
    場所鹿児島県南さつま市笠沙 
    カガミ(カガミウオ)
    場所三重県熊野市遊木漁港、和歌山県串本、徳島県海部郡海陽町『宍喰漁業協同組合』、高知県室戸市三津[定置]・宿毛市田ノ浦すくも湾漁協 
    ギンアジ[銀鰺]
    場所長崎県長崎市長崎魚市場 
    バックミラー
    場所三重県熊野市遊木漁港 
    ハニビラー
    サイズ / 時期幼魚・若魚 備考幼魚・若魚をハニビラー、成魚をヒラカマジー。 参考『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972) 場所沖縄県 
    ヒラカマジー
    サイズ / 時期成魚 備考幼魚・若魚をハニビラー、成魚をヒラカマジー。 参考『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972) 
    アベクロギ イトヒキダイ ウマヒキ エバアジ カガシダイ カガミダイ カクアジ カンザシダイ[簪鯛] カクアジ[角鰺] カネタタキ[鉦叩] コマヒキ キョウゲンウオ[狂言魚] ノボリサン ノボリタテ[幟立て] ハニビラヒラヤグヮ マガツオ ユダヤーグワー
    参考文献より。 
  • 主食材として「イトヒキアジ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ