オオクチイケカツオ(Talang queenfish)

Scientific Name / Scomberoides commersonianus Lacepède, 1802

オオクチイケカツオの形態写真

SL 70cm前後になるが、もっと大型になる可能性がある。測線上に稜鱗(ぜんご)がない。背鰭棘は皮膜で繋がらない。口は口は目の後縁を超える。
オオクチイケカツオの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 70cm前後になるが、もっと大型になる可能性がある。測線上に稜鱗(ぜんご)がない。背鰭棘は皮膜で繋がらない。口は口は目の後縁を超える。口は口は目の後縁を超える。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科イケカツオ属
    外国名
    Talang queenfish
    学名
    Scomberoides commersonianus Lacepède, 1802
    漢字・学名由来
    漢字/大口生鰹
    由来・語源/松原喜代松、岡田弥一郎の命名。「大口イケカツヲ」と松原喜代松が現代仮名使いにした。口の後端が目よりも後ろにあるため。
    Lacepède
    Bernard Germain Lacepède(ベルナール・ジェルマン・ド・ラセペード 1756-1825 博物学者、音楽家。フランス)はビュフォン(Georges-Louis Leclerc de Buffon 博物学者。リンネとは違った配列を試みた)の後継者。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。沿岸の浅場の表層域。
    国内では希。富山湾、宮崎県目井津。
    台湾、広東省、海南島、トンキン湾、インド-西太平洋(ニューギニア島西岸以東を除く)
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「オオクチイケカツオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ