オオクチイケカツオ(Talang queenfish)

Scientific Name / Scomberoides commersonianus Lacepède, 1802

オオクチイケカツオの形態写真

SL 70cm前後になるが、もっと大型になる可能性がある。測線上に稜鱗(ぜんご)がない。背鰭棘は皮膜で繋がらない。口は口は目の後縁を超える。背部に丸く薄い斑紋がある。
オオクチイケカツオの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 70cm前後になるが、もっと大型になる可能性がある。測線上に稜鱗(ぜんご)がない。背鰭棘は皮膜で繋がらない。口は口は目の後縁を超える。背部に丸く薄い斑紋がある。口は口は目の後縁を遙かに超える。背部に丸く薄い斑紋がある。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科イケカツオ属
    外国名
    Talang queenfish
    学名
    Scomberoides commersonianus Lacepède, 1802
    漢字・学名由来
    漢字/大口生鰹
    由来・語源/松原喜代松、岡田弥一郎の命名。「大口イケカツヲ」と松原喜代松が現代仮名使いにした。口の後端が目よりも後ろにあるため。
    Lacepède
    Bernard Germain Lacepède(ベルナール・ジェルマン・ド・ラセペード 1756-1825 博物学者、音楽家。フランス)はビュフォン(Georges-Louis Leclerc de Buffon 博物学者。リンネとは違った配列を試みた)の後継者。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。沿岸の浅場の表層域。
    国内では希。富山湾、宮崎県目井津。
    台湾、広東省、海南島、トンキン湾、インド-西太平洋(ニューギニア島西岸以東を除く)
    生態
    基本情報
    主に台湾以南に生息していた魚で、本州、九州などで希に漁獲される。
    台湾などではやや高価な食用魚で、珍しいものではない。
    非常に味のいい魚で、温暖化(喜べないものだが)で国内でも揚がり始めると人気が出ると思う。
    水産基本情報
    市場での評価/国内では数えるほどしか揚がっていない。流通上見ていない。
    漁法/定置網、釣り
    産地/宮崎県
    選び方
    触って張りのあるもの。鰓が赤いもの。銀色の輝きが強いもの。
    味わい
    旬は不明。12月に来た固体は脂がのっていて、身に張りがあった。
    鱗は細かく取りにくい。皮は厚く非常に強い。骨はあまり硬くない。
    血合いの赤い白身。水分が少なくやや硬く。熱を通すとむしろ柔らかくなる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/郡山水産(福島県郡山市 ■http://www.ko-suisan.co.jp/)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「オオクチイケカツオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ