アカササノハベラ(Red naped wrasse)

Scientific Name / Pseudolabrus eoethinus (Richardson, 1846)

アカササノハベラの形態写真

SL 20cm前後になる。赤いかオレンジ色。ササノハベラ属2種は似ているが、目の下の黒っぽい褐色の筋が胸鰭(むなびれ)方向に下に曲がり、胸鰭近くまで達する。背などに斑紋がない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ベラ科ササノハベラ属
    外国名
    Red naped wrasse
    学名
    Pseudolabrus eoethinus (Richardson, 1846)
    漢字・学名由来
    漢字 赤笹之葉倍良、赤笹葉遍羅、赤細小の歯遍羅
    由来語源/
    ■ 「ささのは」は「笹の葉」、「細小の歯」。歯の細かいベラ。
    ■ 「笹の葉」に似ているベラの意味だと思われる。
    「べら」について
    ■ 「へら」は「平たい」ことをさす。「平たい魚」で「へら」。それが「べら」となる。
    ■ 「箆(へら)」に似ている。「箆」は平たく細長い。鼈甲(ベッコウ)、竹などでつくられた、物や汚れをかき出す道具。
    ■ 「べろ(舌)」に似ている。
    ■ 「べろ」「べり」、「べりべり」ともいう。
    Richardson
    ジョン・リチャードソン(Sir John Richardson 1787-1865 スコットランド)、博物学者、魚類学者(ichthyology)。
    地方名・市場名 [?]
    ベラ
    備考単に。ホシササノハベラと混同。 場所関東の市場 
    オジョウ オジョロ
    備考ホシササノハベラと混同。 場所愛知県一色 
    ブンジ
    備考ホシササノハベラと混同。 場所京都府網野町 
    アカベラ[赤べら]
    備考ホシササノハベラと混同。 場所三重県尾鷲市、福岡県福岡市、神奈川県相模湾周辺 
    ホリ
    備考ホシササノハベラと混同。 場所佐賀県唐津市 
    ササノハベ
    備考種が分離したことを知らないために「ササノハベラ」。ホシササノハベラと混同。 
    ガチ イモホリ ヒメトコ カンスケベラ マタホ カマタキ ムギタネ ハチ ヒコゼ ヒコジ ダイコク ガチガチ トンケツ ムギメシ ゴマンジョオ ヨメッコ タッカリ ベロ モイオ モクズ ヤナギハ ヤナギノハ アカベロ ヒョウタンギザミ ヒョコタンギザミ トンケイ トントン ヒメギソ ヒナギソ ノメリコ ゴンギョウ グンジ グンジロ
    備考ホシササノハベラと混同。 参考文献より。 
    生息域
    海水魚。岩礁域。浅場に生息するが、ホシササノハベラよりも少し深場にいる。
    福井県、京都府舞鶴、福岡県沖ノ島・津屋崎、長崎県野母崎、熊本県天草、八丈島、小笠原諸島、千葉県館山湾〜九州南岸の太平洋沿岸、屋久島、沖縄島。済州島、台湾、福建省、香港。
    生態
    ■ 産卵期は夏から秋。
    ■ 雄を中心に縄張り、ハーレムを形成する。
    ■ 性転換する。小さいときはすべて雌、産卵後群の優位にある雄が死ぬもしくはいなくなると、大きい優位にある雌が順番に雄に性転換する。
    ■ 肉食性で環形動物、甲殻類などを捕食する。
    ■ 岩礁地帯と砂地が連続するような場所に多い。
    ■ ササノハベラ属2種ではホシササノハベラが浅場に、アカササノハベラがやや深い場所に生息。
    ■ 寒くなると砂にもぐって冬眠する。
    ■ 昼活動、エサをあさり、夜眠る(休む)。
    基本情報
    古くはササノハベラ2種(アカササノハベラ、ホシササノハベラ)は1種類であった。
    流通上、漁業対象としては2種は区別されない。
    関東ではベラ自体が安くて雑魚であるが、本種も同様。
    ほぼ流通しない。
    西日本でもキュウセンほどは馴染みがない。
    水産基本情報
    市場での評価 関東の市場などに来ることはほとんどない。雑魚なので値段も安い。これが西日本では味の良いのが知られており、安いが流通する。
    漁法 刺し網、底曳網、釣り、定置網
    産地
    選び方
    触って野締めは硬いもの。活け締めはできれば死後硬直していないもの。鰓が鮮紅色のもの。退色していないもの。
    味わい
    旬は春〜夏。
    関東ではホシササノハベラよりも大型になるように思える。
    鱗は薄く、皮はあまり硬くはないがしっかりして丈夫。骨は軟らかい。
    透明感のある白身だがやや水っぽい。
    煮てもあまり硬くはならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    アカササノハベラの料理法・調理法・食べ方煮つけ、焼く(素焼き、塩焼き、干もの)、生食(刺身、焼霜造り)、汁(みそ汁、潮汁)、揚げる(天ぷら、フライ、唐揚げ)
    アカササノハベラの煮つけ 中型を水洗いして、湯引きして冷水に落とす。残った鱗やぬめりを流し、水分をよくきっておく。これを酒・しょうゆ味で煮つける。このあっさりした味つけは酒肴として。甘味のみりんや砂糖などを加えるとご飯に合う。煮ても硬く締まらず、身に甘みがあってとても味わい深い。

    アカササノハベラの塩焼き 素焼きにすると皮が香ばしくて、上品な白身のうまさが堪能できる。しょうがしょうゆで食べて美味。塩焼きにすると身が適度に締まり、美味しい。時間が経つと水分がにじみ出ることがあるので早めに食べる、もしくは冷ましてから時間をおいて食べてもうまい。
    アカササノハベラの焼霜造り 上品でイヤミのない白身ではあるが、鮮度落ちが早い。活魚以外だと水洗いして3枚に下ろす。腹骨をすき、血合い骨を抜き皮目をあぶる。冷めたら刺身状に切る。熱いうちに切ってもいいが皮が剥がれやすい。本種の味わいは皮目にありと思う味だ。

    アカササノハベラの刺身 3枚に下ろして腹骨と血合い骨を抜く。皮を引いて刺身状に切ったもの。上品ななかに淡い甘味が感じられる。活魚を使うと身に弾力があり、歯に対する抵抗感が心地よい。
    アカササノハベラのみそ汁 ここではあらを使ったが、小型なら水洗いしてぶつ切りにする。湯通しして冷水に落としてぬまりと残った鱗を流す。これを水から煮出してみそを溶く。生臭みに敏感ならここで振りしょうがをしてもいい。実に濃厚なうま味が感じられてご飯に合う。

    アカササノハベラの潮汁 刺身などにしたあとのあらを集めて置く。小型は水洗いしてぶつ切りに。湯通しして冷水に落としてぬめりと残った鱗を流す。これを昆布だし(水でも)で煮だして酒と塩で味つけする。しょうゆを落としてもいい。非常に上品で後味のいい汁だ。酒の後などにいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    船でのカワハギやカサゴ釣りの外道(対象外の魚)としてもっとも普通である。関東では人気がなくてすぐに捨てられるが関西ではキュウセンとともに人気がある。
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■ 過去にはホシササノハベラとともにササノハベラとして1種であると思われていた。
    ■ 過去にはアカササノハベラはササノハベラの雌(メス)、ホシササノハベラは雄(おす)と思われていた
    ■ 瀬戸内海、大阪湾など西日本ではよく食べられている。東日本ではあまり食べられることもない。
    参考文献・協力
    協力/マルコウ水産(東京都八王子市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日文庫)、『魚』(1940 田中茂穂 創元社)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)
  • 主食材として「アカササノハベラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ