ツユベラ(African coris)

Scientific Name / Coris gaimard (Quoy and Gaimard, 1824)

ツユベラの形態写真

SL 35cm前後になる。側へんして細長く、背鰭第1棘は伸びる。尾鰭は黄色い。
ツユベラの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 35cm前後になる。側へんして細長く、背鰭第1棘は伸びる。尾鰭は黄色い。尾鰭から前方にかけてコバルトブルーの星が散らばる。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ベラ科カンムリベラ属

    外国名

    African coris

    学名

    Coris gaimard (Quoy and Gaimard, 1824)

    漢字・学名由来

    漢字/

    地方名・市場名

    ナンドゥラー
    場所沖縄県石垣市(河) 備考ベラ類の総称。 

    生息域

    海水魚。サンゴ礁域。
    伊豆諸島、小笠原諸島、沖ノ鳥島、高知県柏島、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島。
    幼魚/神奈川県三浦半島・伊豆半島両岸、和歌山県串本、男女群島。
    台湾、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、東インド-太平洋(キーリング諸島以東、マルケサス諸島・イースター島を除く)

    生態

    基本情報

    サンゴ礁にいるイラ属などと比べると小型のベラ。刺し網、定置網などでとれる可能性はあるものの利用されているかなどは不明。

    水産基本情報

    市場での評価/不明
    漁法/不明
    産地/沖縄県

    選び方

    触って張りのあるもの。文様体色が明瞭なもの。

    味わい

    旬は不明。
    鱗は細かく硬く取りにくい。皮は厚みがあり強い。
    透明感のある白身で水分が少なく締まっている。煮ても硬く締まらない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ツユベラの料理法/煮る(煮つけ)

    ナンドラーの煮つけ
    ツユベラの煮つけ 一般的な評価がないので沖縄県での食べ方もわからない。無難なところでしょうゆ味で煮つけてみた。ベラ科のなかでは比較的身が締まっているわりに、煮ても硬くならず、磯臭みもない。おいしい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ツユベラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ