キュウセン(Multicolorfin rainbowfish,Wrasse)

Scientific Name / Parajulis poecilepterus (Temminck & Schlegel, 1845)

キュウセンの形態写真

SL 30cm前後になる。写真の緑色に黒い筋のものはオスである。幼魚、メスは赤っぽく縦縞が黒い。キュウセンは雌性先熟であり、若いときにはメスであり、大きくなるとオスに性転換する。すなわち大きなものはほとんどがオスということになり、食用として高く出回るものも緑色のキュウセンであることになる。[写真は雄]
キュウセンの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 30cm前後になる。写真の緑色に黒い筋のものはオスである。幼魚、メスは赤っぽく縦縞が黒い。キュウセンは雌性先熟であり、若いときにはメスであり、大きくなるとオスに性転換する。すなわち大きなものはほとんどがオスということになり、食用として高く出回るものも緑色のキュウセンであることになる。[写真は雄]キュウセンは小さい個体は雌(写真下2尾)、大きくなると雄(上2尾)に性転換する。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ベラ亜目ベラ科キュウセン属
    外国名
    Multicolorfin rainbowfish,Wrasse
    学名
    Parajulis poecilepterus (Temminck & Schlegel, 1845)
    漢字・学名由来
    漢字 九線、求仙。
    由来・語源 神奈川県三浦地方の呼び名。雌(めす)に9つの縦縞(たてじま)があるため
    Temminck
    コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    Schlegel
    ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    地方名・市場名 [?]
    アオギザミ[青ぎさみ]
    場所広島県竹原市 
    アオベラ[青ベラ] アカベラ[赤ベラ]
    備考雄。 場所兵庫県姫路市 
    アカギザミ[赤ぎさみ]
    参考文献より。 場所広島県竹原市 
    エトリ[餌取り] タテスジ ベンゴシ[弁護士]
    場所富山県氷見市藪田浦漁業協同組合 
    ギザミ
    場所岡山県笠岡市、広島県竹原市・呉市・広島市、岡山市、備前市など、福岡県博多 
    シマメグリ
    場所山形県鶴岡市由良漁港 
    アオアクジ アオアクビ アオギザミ アオギザメ アオヤギ アカアクジ アカアクビ アカギザミ アカクサビ アカベラ アカヤギ アブラナメ アオベロ ウミゴイ エトリ オオアクビ カワラケ キザミ ギザミ ギザメ ギゾ クサビ クサブ サナダベラ シマクサブ シマメグク シマメグリ ジョウロイオ ジョロウイオ ショツカンダイ ジョロ ジョロユオ スジベラ スナベラ トウリビンク ネブリ バクト ビコンクロウ ヒコンジョウ ビンゴシ ベコロ ベラ ベリベリ ベロ ホトケノイオ ホンベラ ムギヤキ モイオ モクジ モバミ ヤギ ヨネズ
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。浅い岩礁域。
    北海道〜九州南岸までの日本海・東シナ海沿岸、青森県〜九州南岸の太平洋、瀬戸内海、有明海、伊豆諸島、南大東島。
    朝鮮半島南岸・東岸、済州島、台湾、福建省・広東省。
    生態
    内湾の浅い岩礁と砂地が入り交じるような場所に棲息。
    産卵期は5月から7月くらいまで。
    雌雄同体で雌性先熟のもの。小さいときは雌(めす)で大きくなると雄頭(おす)に性転換する。少ないながら雌雄異体。小さいときから雄(おす)である個体もある。
    寒くなると砂にもぐって冬眠する。また夜になると砂の中で眠る。
    基本情報
    浅場にいる小魚で性転換することで有名。
    大きくなって雄になり青くなったものを「青べら」、小振りの小さいものを色合いから「赤べら」などという。
    西日本で人気があり、東日本ではほとんど価値がない。
    特に瀬戸内海一帯では食用としても、釣りものとしても人気がある。
    水産基本情報
    市場での評価 関東にはほとんど入荷してこない。値段は安い。関西では高値で売られていて入荷量も多い。
    漁法 釣り、刺し網、底曳き網
    産地 香川県、兵庫県
    選び方
    文様の色合いの鮮やかなもの、くっきりしたもの。触って硬いもの。目が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は夏
    鱗は薄くてやや取りにくい。皮は厚みがあって強い。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で少し水分が多め。時間がたつと身が脆弱になる。熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    キュウセンの料理法/焼く(素焼き、塩焼き)、煮る(煮つけ)、生食(焼霜造り、刺身)、揚げる(天ぷら、唐揚げ、南蛮漬け)、汁(みそ汁、潮汁)
    キュウセンの素焼き
    キュウセンの素焼き
    キュウセンの煮つけキュウセンの煮つけ 産地などでは塩焼き、煮つけになることが多い。漁村などではこれでご飯を食べる。ご飯に合う料理が漁師料理なのだ、ともいえそう。鱗をとり面倒だが鰓、内臓をとって湯通しし、冷水に落として残っている鱗、ぬめりを取る。これを酒、砂糖、しょうゆで味つけして煮たもの。塩だけ、酒、塩の味つけもいい。
    キュウセンの刺身キュウセンの焼霜造り
    キュウセンの刺身キュウセンの刺身
    キュウセンの天ぷらキュウセンの天ぷら
    キュウセンの潮汁キュウセンの潮汁
    好んで食べる地域・名物料理
    べらの二杯酢 兵庫県明石市。素焼きにしたベラを二杯酢に漬ける。
    こけらずし 淡路島。
    刺身 西日本では一般的。スーパーや魚屋さんでも普通に見られる。
    キュウセンのはぶて焼きはぶて焼き 広島県の郷土料理。煮つけたものを翌日に焼く。煮つけで楽しみ、翌日にも別種の味を楽しむことができる。香ばしく、とても美味。「はぶて」とは煮つけた魚を焼くのは難しく、嫁がいやがって「あぶてる(瀬戸内海周辺での方言で、ふくれっ面になる、不満顔をする)」ためにこの料理名がある。
    キュウセンの南蛮漬けキュウセンの南蛮漬け
    加工品・名産品
    釣り情報
    瀬戸内海などでは釣りの対象魚としても人気がある。釣り方は岩礁域にある砂地などへの投げ釣りか船釣りであり、餌は主に青イソメを使う。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)、『瀬戸内海の魚 ひょうごの酒』(神戸新聞出版センター)、『明石海峡 魚景色 鷲尾圭司)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版)
  • 主食材として「キュウセン」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ