ニシキベラ

Scientific Name / Thalassoma cupido (Temminck & Schlegel, 1845)

ニシキベラの形態写真

体長15cm前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度


    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ベラ亜目ベラ科ニシキベラ属

    外国名

    学名

    Thalassoma cupido (Temminck & Schlegel, 1845)

    漢字・学名由来

    漢字/錦倍良
    由来・語源/体色からだと思われる。
    Temminck
    コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    Schlegel
    ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。岩礁域、サンゴ礁域。
    青森県今別、新潟県〜九州西岸の日本海・東シナ海沿岸、鹿島灘〜屋久島の太平洋沿岸、伊豆諸島、小笠原諸島、南硫黄島、瀬戸内海、沖縄諸島、南大東島、尖閣諸島。
    朝鮮半島南岸、済州島、台湾。

    生態

    基本情報

    比較的北にまで生息域を広げている。タイドプールなどでもよく見かけられるベラでほぼ利用されていないものと思われる。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)

    地方名・市場名

    ハナウオ
    場所三重県二木島 参考文献 
    アオテンジョウ
    場所千葉県小湊 参考『日本魚類圖説』(岡田彌一郎、内田惠太郎、松原喜代松 三省堂 初版1935) 
    アオベロ
    場所和歌山県 参考『日本魚類圖説』(岡田彌一郎、内田惠太郎、松原喜代松 三省堂 初版1935) 
    チンダイベロ
    場所和歌山県田辺 参考『日本魚類圖説』(岡田彌一郎、内田惠太郎、松原喜代松 三省堂 初版1935) 
    チンダイベラ チンダイベロ
    場所和歌山県田辺 参考文献 
    アオタベロ
    場所和歌山県白浜町堅田 参考文献 
    キンベラ
    場所和歌山県辰ヶ浜・和歌浦 参考文献 
    ニシキベラ
    場所新潟県寺泊 参考文献 
    ジョロクサビ ジヨロクサビ
    場所長崎 参考文献 
    クサビ
    場所長崎県壱岐 参考文献 
    アオベラ
    場所静岡県静浦、和歌山県 
    モミス
    場所高知県柏島 参考文献 
    キヌベラ
    場所神奈川県三崎 参考『日本魚類圖説』(岡田彌一郎、内田惠太郎、松原喜代松 三省堂 初版1935) 
    アオテンショウ
    参考文献 
  • 主食材として「ニシキベラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ