タキベラ属

Classification Bodianus Bloch, 1790

スズキ目について

沖縄の水揚げで揚がるほとんど総てガスズキ目 食用魚のほとんどがスズキ目。他の目すべてを合わせよりも種数は多いと思う。
 鰭、棘などが発達した高等な魚類。

ベラ亜目について

市場に並ぶキュウセン ベラ科とブダイ科、国内には生息しないオダクス科(Odacidae)の3科。熱帯域から温帯域まで非常に多くの種がいる。またカワスズメ科、ウミタナゴ科、スズメダイ科を含めるという説もある。
 食用魚としては本州などに普通のキュウセンやササノハベラ、沖縄や小笠原などで盛んに食べられているブダイ類など数え切れないほどの種がある。

タキベラ属について

沖縄県与那城漁協に並ぶタキベラ 世界中に非常に多くの種が存在する。国内に20種弱。
 小型のアカボウなどをのぞけば、タキベラをはじめすべて食用となっている。
 特にタキベラは国内でも早くから和名がつき、東京都の諸島部でもとれることから、比較的流通上見る機会が多い。

タキベラ属に属する仲間一覧


サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト