アカボウ(Orangered hogfish)

Scientific Name / Bodianus cylindriatus (Tanaka, 1930)

アカボウの形態写真

体長20センチ前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ベラ亜目ベラ科タキベラ属

    外国名

    Orangered hogfish

    学名

    Bodianus cylindriatus (Tanaka, 1930)

    漢字・学名由来

    漢字 赤帽
    由来・語源 田中茂穂の命名だと思う。直感的な命名だと思う。
    Tanaka
    田中茂穂(Shigeho Tanaka 明治30-昭和49 1878-1974 高知県)。東京帝国大学にて魚類の分類を始める。日本魚類学の父。170種前後の新種を記載。献名された種も少なくない。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。水深100メートル以上の深場。
    神奈川県城ヶ島沖、駿河湾和歌山県周参見、土佐湾。台湾、ニューカレドニア、ハワイ諸島。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    底引き網などに混ざるもの

    選び方

    味わい

    珍しい魚で一般的な食用魚ではない
    塩焼き/煮つけ/刺身(霜皮造り)
    身はやや柔らかいが白身で上品。焼くと皮目に風味がある。霜皮造りにもできる。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「アカボウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ