ギチベラ(Slingjaw Wrasse)

Scientific Name / Epibulus insidiator (Pakkas,1770)

ギチベラの形態写真

SL 35cm前後になる。色彩は様々。口が非常に長く伸びる。
ギチベラの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 35cm前後になる。色彩は様々。口が非常に長く伸びる。SL 35cm前後になる。色彩は様々。口が非常に長く伸びる。SL 35cm前後になる。色彩は様々。口が非常に長く伸びる。[SL15cm]SL 35cm前後になる。色彩は様々。口が非常に長く伸びる。[SL15cm]
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ベラ亜目ベラ科ギチベラ属

    外国名

    Slingjaw Wrasse

    学名

    Epibulus insidiator (Pakkas,1770)

    漢字・学名由来

    漢字/不明
    由来・語源/不明

    地方名・市場名

    タンメータニクーヤー
    場所沖縄県石垣市(河ウ) 
    タンメータニクヮヤー
    場所沖縄県石垣市(河) 備考「タンメータニクヮヤー」とはタンメー(おじいさん)のタニ(サニ・陰茎)をくわえる魚という意味。ギチベラ、アオヤガラも同様に呼ばれる。(河) 
    ウンタグルキャ
    場所沖縄県宮古 
    ナンドラー
    場所沖縄県八重山 

    生息域

    海水魚。岩礁域、サンゴ礁域。
    八丈島、和歌山県串本、(愛媛県愛南)、屋久島、琉球列島、南大東島。台湾南部、東沙諸島、南沙諸島、タイランド湾、インド-イースター島を除く太平洋。

    生態

    基本情報

    沖縄県、鹿児島県奄美などでは食用魚。クセのない白身で煮つけなどに利用されている。

    水産基本情報

    市場での評価 主に琉球列島で取引されている。
    漁法
    産地 沖縄県

    選び方

    触って張りのあるもの。

    味わい

    旬は不明
    鱗は非常に軟らかく大きい。手ではげるほどだが取りにくい。皮は厚みがあり、しっかりしている。骨は硬い。
    透明感のある白身でやや水っぽい。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    料理法
    煮る(煮つけ)、汁(みそ汁)、ソテー(バター焼き)

    ギチベラの煮つけ あまり大きくならないので1尾丸ごと煮る方が見た目的にもいい。水洗いして一度湯湯通しする。冷水に落として残った鱗やぬめりを流す。これを酒・しょうゆ味で煮つける。味つけは自由でいい。煮崩れやすいものの、柔らかく甘味のありとてもおいしい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    沖縄水産試験場 沖縄で漁獲される主要魚の名称一覧表
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ギチベラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ