ヒラベラ

Scientific Name / Iniistius pentadactylus  (Linnaeus, 1758)

ヒラベラの形態写真

体長18cm前後になる。側へんし、体はリボン状。目の真後ろに斑紋があり、その直後測線上に赤く黒い縁取りの斑紋が続く。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ベラ科テンス属

    外国名

    学名

    Iniistius pentadactylus  (Linnaeus, 1758)

    漢字・学名由来

    漢字/平倍良
    由来・語源/左右に平たいから。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。砂地。
    八丈島、小笠原諸島、伊豆半島大瀬崎、屋久島、琉球列島。台湾、香港、インド洋、西太平洋、ライン諸島。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    食用となっているかなどは不明。

    選び方

    味わい

    栄養

    危険性など

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    シノニム
    Coryphaena pentadactyla Linnaeus, 1758
    Xyrichtys pentadactylus   (Linnaeus, 1758)

    旧ページ内容

    [以下古い記載が含まれている可能性があります]
    関東では相模湾でときに見かける魚である。体がペタンコなので釣り人にも人気がない。過去に三宅島の防波堤で釣り上げたことがある。大きさの割にスーっと上がってきて無気味な魚であるなと捨てようとすると、「食えるよ!」と夕食のおかずを釣りに来たお婆さんにたしなめられたのが懐かしい。ここで出会った方達の魚の食べ方の詳しさ、料理法の的確さには舌を巻く思いであった。あの防波堤も今はないのだろう。
    ■三宅島で無理をいって作ってもらった煮つけは、甘過ぎる味つけの割にはなかなか捨てがたい味であった。昔は焼いて出汁をとるのに使ったと言っていたように記憶するが、これは確かめていない。

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ヒラベラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ