オキフエダイ(Blacktail snapper)

Scientific Name / Lutjanus fulvus (Forster, 1801)

オキフエダイの形態写真

60cm SL 前後になる。体高が高く、側扁(左右に平たい)し、身体にまったく文様がない。尾の後縁は白い。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科フエダイ属

    外国名

    Blacktail snapper

    学名

    Lutjanus fulvus (Forster, 1801)

    漢字・学名由来

    漢字 沖笛鯛
    由来・語源 不明

    地方名・市場名

    ヤマトゥビー
    場所沖縄県八重山 
    アニクチャー
    場所沖縄県宮古 
    イナフク
    場所沖縄県石垣島 参考河村雄太さん 
    ビタロー
    場所沖縄県石垣島、沖縄県南城市知念漁協 参考河村雄太さん、『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 
    スビイナクー
    場所沖縄県南城市知念漁協 
    ウチグン
    場所沖縄県 

    生息域

    海水魚。岩礁・サンゴ礁域。
    八丈島、小笠原諸島、硫黄島、静岡県沼津、和歌山県串本、愛媛県愛南、高知県以布利、屋久島、琉球列島、南大東島。
    幼魚/三浦半島西部、高知県以布利
    台湾、広東省、海南島、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、インド-太平洋。

    生態

    基本情報

    暖かい岩礁・サンゴ礁域に生息する。比較的小振りな固体が多く、沖縄県などでの「びたろー」と呼ばれる魚の代表的なもの。
    お惣菜的な料理に使われるもので、食堂の定食などでも出てくる。

    水産基本情報

    市場での評価 主に琉球列島で流通する。比較的安い。関東へ入荷量は非常に少ない。姿形がいいのでやや高値。
    漁法 刺し網、釣り
    主な産地 東京都小笠原

    選び方

    鮮度落ちは遅い。全体に黄赤色で色味がしっかりしているもの。目が澄んでいるもの。鰭などの黄が鮮やかなもの。鰓が赤いもの。

    味わい

    旬は春〜夏ではないかと思う。
    鱗は硬く取りにくい。皮はしっかりしている。
    まったくクセがなく、熱を適度に通すとしまる。
    アラからはいいだしが出る。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    オキフエダイの料理法・調理法・食べ方/ソテー(バター焼き)、煮る(煮つけ)、生食(刺身)、焼く(塩焼き)
    オキフエダイのバター焼き 沖縄で小振りの固体のバター焼きを食べているので再現してみた。水洗いして水分をよくきり、塩コショウする。多めの油でじっくりと香ばしくソテーする。両面が焼けたら余分な油を捨て(捨てなくてもいい)、マーガリン(バターでも可)で風味づけする。しょうゆをたらすと、ご飯によく合う。


    オキフエダイの刺身 鮮度のいい物は刺身にしてもいい。水洗いして三枚に下ろして、皮を引く。血合いが赤く。透明感のある白身。上品な味わいの中に甘味とうま味がある。沖縄などのように酢みそで食べてもいい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)
  • 主食材として「オキフエダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ