ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アミメフエダイ(Checkered snapper)

Scientific Name / Lutjanus decussatus (Cuvier, 1828)

アミメフエダイの形態写真

体長25cm前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科フエダイ属
    外国名
    Checkered snapper
    学名
    Lutjanus decussatus (Cuvier, 1828)
    漢字・学名由来
    漢字/網目笛鯛
    由来・語源/数本の縦縞のほか横縞があって網目状になるため。
    Cuvier
    バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。
    地方名・市場名
    アメリカ/沖縄県石垣島。星条旗(アメリカ国旗)を思わせる縞模様(ストライプ)であるため。
    生息域
    海水魚。
    屋久島、琉球列島、尖閣列島。幼魚は愛媛県愛南町。
    タイランド湾、東インド-西太平洋。
    生態
    基本情報
    沖縄県では一般的な食用魚だが、水揚げが少ないので認知度は低い。
    比較的小型なのでバター焼きやまーす煮などに使われているようだ。
    水産基本情報
    市場での評価/水揚げは少ない。あまり高価ではない。
    漁法/刺突漁、定置網
    産地/沖縄県
    選び方
    触って張りのあるもの。赤い色合いの線模様の強いもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は小さく硬いが取りやすい。皮は厚みがあって硬い。
    透明感のある白身で熱を通しても硬くならない。
    臭味はない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ソテー(バター焼き)、汁(みそ汁)、生食(皮霜造り)
    アミメフエダイのバター焼きアミメフエダイのバター焼き 小振りなので丸のまま料理した。水洗いして水分をよく拭き取る。塩コショウして、始めはサラダ油、仕上げにマーガリンでソテーする。最初からマーガリンを使ってもいいが焦げやすい。皮目が香ばしく、なかはしっとりして身離れがいい。
    アミメフエダイのみそ汁アミメフエダイのみそ汁 刺身などにしたのこりのあらを集めて湯通しする。これを冷水に落として鱗などを流す。水分をよく切り、水から煮出してみそを溶く。昆布だしを使うとよりいい味になる。
    アミメフエダイの皮霜造りアミメフエダイの皮霜造り 上質の白身であるがややうま味に欠けるところがある。これを皮を使うことで補う。水洗いして三枚に下ろして血合い骨を抜く。皮目に湯をかけて刺身状に切る。身に甘みがあり、皮目に心地よい食感がある。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/崎原さしみ店(沖縄県石垣市)、秋田雄一(沖縄県水産海洋技術センター石垣支所)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「アミメフエダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ