キビレフエダイ(Tang's snapper)

Scientific Name / Lipocheilus carnolabrum (Chan, 1970)

キビレフエダイの形態写真

体長60cm、重さ5.6kg。背鰭に鱗がなく、鯛型で尾鰭が大きく全体に黄色がかっている。協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科キビレフエダイ属

    外国名

    Tang's snapper

    学名

    Lipocheilus carnolabrum (Chan, 1970)

    漢字・学名由来

    漢字 黄鰭笛鯛

    地方名・市場名

    ヤマモチマゲ
    場所鹿児島県 

    生息域

    海水魚。主に水深100m前後。
    沖縄諸島(鹿児島県与論島)以南の琉球列島。東シナ海中部、台湾南部、東沙諸島、インド-西太平洋。

    生態

    基本情報

    かなりの珍魚。種名を知り流通させている可能性はまずない。
    大型のフエダイと同等の評価だと考えられる。

    水産基本情報

    市場での評価 関東に入荷したことはない
    漁法 釣り
    産地 鹿児島県

    選び方

    体の黄金色が鮮やかで濃い。触って張りがあり目が澄んでいるもの。

    味わい

    旬は不明。
    1尾のみの評価。
    鱗は大きく硬く取りにくい。皮は厚く強い。骨はやや硬い。
    透明感のある白身で熱を通しても硬くならない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    料理法 生食、汁、ソテー、揚げる(フライ)、煮つけ、焼く
    生食◆上品でいながら、うま味のある白身。食感もいい。皮は厚みがあって硬いが焼霜造りにするとより味わい深くなる。
    汁◆あらなどの汁は絶品。沖縄風にみそ味の「魚汁」にしてよく、塩仕立ての汁もいい。
    ソテー◆バターを使ってムニエルにして美味。また少し寝かせて塩コショウしてソテーしても美味しい。
    揚げる◆鮮度のいいものは熱を通すと縮むので、少し寝かせてから使うといい。特にフライがうまい。
    煮つけ◆液体を使って熱を通すとよいので、煮つけにすると身が適度にしまり美味。身離れもいい。
    焼く◆焼くとやや身が締まるのが難点だが、味は決して悪くない。
    キビレフエダイの刺身刺身は上品でいながら、うま味のある白身。食感もいい。皮は厚みがあって硬いが焼霜造りにするとより味わい深くなる。
    キビレフエダイの汁汁◆あらなどの汁は絶品。沖縄風にみそ味の「魚汁」にしてよく、塩仕立ての汁もいい。
    キビレフエダイのムニエルバターを使ってムニエルにして美味。また少し寝かせて塩コショウしてソテーしても美味しい。
    鮮度のいいものは熱を通すと縮むので、少し寝かせてから使うといい。特にフライがうまい。
    キビレフエダイの煮つけ液体を使って熱を通すとよいので、煮つけにすると身が適度にしまり美味。身離れもいい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「キビレフエダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ