オオクチハマダイ(Pale snapper)

Scientific Name / Etelis radiosus Anderson,1981

オオクチハマダイの形態写真

体長70cm前後になる。口の後端が目の後端直下まである。
オオクチハマダイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長70cm前後になる。口の後端が目の後端直下まである。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科ハマダイ属

    外国名

    Pale snapper

    学名

    Etelis radiosus Anderson,1981

    漢字・学名由来

    漢字 大口浜鯛
    由来・語源 ハマダイに似ていて口が大きいという意味。

    地方名・市場名

    アイノコマチ
    場所沖縄県南城市知念漁協 参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 
    マチ
    場所沖縄 

    生息域

    海水魚。水深200m以深。
    八丈島、鳥島、西之島、小笠原諸島、火山列島、神奈川県三崎、奄美大島以南の琉球列島、南大東島、東シナ海。
    台湾、東沙諸島、インド-太平洋。

    生態

    イカや魚類を補食している。
    13年以上生きる。

    基本情報

    マチ類(フエダイ科ハマダイ属)のなかでももっとも南方系。沖縄周辺のやや深場で揚がる大型の高級魚。
    伊豆諸島・小笠原諸島よりも沖縄県沖縄諸島・八重山諸島で漁獲されている。

    水産基本情報

    市場での評価 沖縄の「マチ類」のひとつで石垣島などでは定番の食用魚。「マチ類」はおしなべて高い。
    漁法 釣り
    産地 沖縄県

    選び方

    赤い体色があせていないもの。目が澄んでいるもので鰓が赤いもの。

    味わい

    年間を通してあまり味が落ちない。
    鱗は軟らかく、皮は厚みがある。
    赤みがかった白身で脂は混在する。
    熱を通しても強く縮まず硬くならない。
    あらなどからいいだしが出る。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    オオクチハマダイの料理法・レシピ・食べ方/生食(刺身、焼霜造り、皮霜造り)、ソテー(バター焼き)、汁(みそ汁)、焼く(塩焼き)
    オオクチハマダイの皮霜造

    オオクチハマダイのバター焼き
    オオクチハマダイのみそ汁
    オオクチハマダイの塩焼き

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/伊藤さん
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「オオクチハマダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ