ハツメ(Oweston sting fish)

Scientific Name / Sebastes owstoni (Jordan and Thompson, 1914)

ハツメの形態写真

25cm SL 前後になる。尾鰭は2叉する。背鰭棘数は通常14。側扁(左右に平たい)し、全体は橙色で背から腹に暗色斑がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
    外国名
    Oweston sting fish
    学名
    Sebastes owstoni (Jordan and Thompson, 1914)
    漢字・学名由来
    漢字 鉢目
    由来・語源 富山県でメバル類、カサゴなどの仲間に共通する呼び名。いくつかのカサゴ亜目のなかでも本種に総称であるハツメをつけたのは、漁獲量が多く、非常に大衆的であったからではないか。また元々の由来はメバル・カサゴ類の目が鉢(丸い容器)のようにパッチリと大きいため。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水魚。水深100〜303メートル。
    北海道〜山口県の日本海沿岸、北海道オホーツク海沿岸、北海道〜福島県の太平洋側沿岸、房総半島沖、希に相模湾。
    朝鮮半島東岸中部〜間宮海峡、オホーツク海。
    生態
    卵胎生。
    基本情報
    日本海、東北以北にいるメバル類で底曳き網などでまとまって取れる。安くておいしいので人気が高い。
    希に全国的にも出回るが関東などではあまり通常流通することは少ない。
    日常に食べて食べ飽きることがなく、味がいいのでもっと知名度が高くてもいい。
    水産基本情報
    市場での評価 関東などにはときにまとまって入荷してくる。ただし入荷は安定せず、認知度も低い。安い。
    漁法 底曳き網、刺し網
    産地 日本海各地、北海道、福島県
    選び方
    触って張りがあり、硬いもの。橙の色合いの濃いもの。目が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は秋から春
    体が左右に薄く、棘なども他のメバル属よりも細くて弱い。
    鱗は薄く小さく取りやすい。皮はやや柔らかい。
    白身でやや水分が多いがまったくクセがなく、身離れがいい。
    骨、アラなどからいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ハツメの料理法・調理法・食べ方/煮る(煮つけ、塩煮)、焼く(塩焼き)、揚げる(唐揚げ)

    ハツメの煮つけ 水洗いして湯通しして冷水に落とし、残った鱗やぬめりを流す。水分をよくきり、酒・砂糖・しょうゆ・水で煮る。酒・しょうゆだけでもいいし、みりんを使ってもいい。身が平たく皮が薄いので比較的短時間で煮える。水分が多い魚だが煮てほどよく締まり、身離れがいい。非常においしく、しかも食べ飽きない。

    ハツメの塩焼き 水分が多く、全体が柔らかいが、身が上質でイヤミがない。焼いてうまくなる魚の代表格で存。水洗いして振り塩して少し置き、じっくり焼き上げる。皮目の風味が良く非常に美味。骨からいいだしが出るので骨湯にしてもいい。
    ハツメの唐揚げ 水洗いして水分をていねいにとり、片栗粉をまぶしてじっくり二度揚げにしたもの。水分が多く、骨が柔らかいのでさくっと丸ごと食べられる。クセのない身にもほどよく甘みがあってとても味わい深い。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『但馬の美味しいお魚図鑑』(たじまの魚 新商品・新メニューの開発チーム 但馬水産事務所)
    地方名・市場名 [?]
    オオバ
    場所北海道日本海側 
    ハツメ
    参考文献 場所富山県滑川・魚津 
    アガラ
    場所山形県鶴岡市由良漁港 
    アカラ
    参考スーパー 場所新潟県糸魚川 
    アカラバチメ
    場所新潟県糸魚川、富山県高岡市、石川県七尾市・金沢市、兵庫県但馬地方 
    ガンゾ
    参考スーパー 場所新潟県糸魚川市 
    モンシャク
    参考文献 場所秋田県男鹿、富山県 
    ヤナギノマイ
    場所秋田県秋田市、福島県 
    テリ
    参考文献 場所秋田県象潟 
    アカスイ
    参考青森県水産技術センター 場所青森県八戸 
    キンギョ
    参考青森県水産技術センター 場所青森県深浦・鰺ヶ沢 
    ハチメ
    参考青森県水産技術センター 場所青森県鰺ヶ沢 
    ウグイス
    参考青森水産技術センター 場所青森県鰺ヶ沢・小泊 
    アカハタ
    場所兵庫県但馬地方 
  • 主食材として「ハツメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ