タイセイヨウアカウオ(Golden redfish)

Scientific Name / Sebastes norvegicus (Ascanius, 1772)

代表的な呼び名アカウオ

タイセイヨウアカウオの形態写真

最大で100cm TL になるが、普通は40cm TL 前後。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
    外国名
    Golden redfish
    学名
    Sebastes norvegicus (Ascanius, 1772)
    漢字・学名由来
    漢字 大西洋赤魚
    由来・語源 「赤魚」、すなわちアラスカメヌケに似て大西洋にいる。
    地方名・市場名 [?]
    モトアカウオ
    備考別名。 
    生息域
    海水魚。水深100-1000m。
    ヨーロッパ スペインからノルウェー、グリーンランド、北米大陸北部東沿岸。
    生態
    基本情報
    大西洋北部に生息する赤いメバル属。アラスカメヌケと同様に「赤魚」として流通している。近年、「粕漬」材料としてはアラスカメヌケよりも見かける機会が多い。
    Sebastes marinus (Linnaeus, 1758)はシノニム(Synonymised names)。
    水産基本情報
    市場での評価/基本的に冷凍フィレ、粕漬の原材料として流通する。輸入魚としては比較的高い。
    漁法/底曳き網
    産地/スペイン、アイスランドなど
    冷凍切り身 セミドレス、切り身で流通している。
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    粕漬など漬け魚、惣菜類。
    赤魚の粕漬 本種は漬け魚になることが多いが、特に粕漬の材料として重要。主に宮城県で加工されている。宮城県石巻・塩竃は北洋などの魚の古くから加工地で、加工会社が非常に多い。
    赤魚の粕漬を焼く 粕は洗い落とすのではなく、手でこそげとる。粕をどれだけ残すかは、銘々の好みだ。焦がさないようにじっくりと焼き上げる。焼き上がりが柔らかく、ご飯にも酒にも合う。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    参考/Fishbase
  • 主食材として「タイセイヨウアカウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ