ヤナギノマイ

Scientific Name / Sebastes steindachneri Hilgendorf, 1880

ヤナギノマイの形態写真

体長30cm前後になる。全体に黄色みがかっていて、側線が目立つ。眼窩下縁に棘がない。頭部、目の前方に無鱗部分がある。主上顎骨の後端に鱗がある。尾鰭の後縁は白くない。
ヤナギノマイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長30cm前後になる。全体に黄色みがかっていて、側線が目立つ。眼窩下縁に棘がない。頭部、目の前方に無鱗部分がある。主上顎骨の後端に鱗がある。尾鰭の後縁は白くない。体長30cm前後になる。全体に黄色みがかっていて、側線が目立つ。眼窩下縁に棘がない。頭部、目の前方に無鱗部分がある。主上顎骨の後端に鱗がある。尾鰭の後縁は白くない。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★★
      一般的(流通量は普通)
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属

    外国名

    学名

    Sebastes steindachneri Hilgendorf, 1880

    漢字・学名由来

    漢字 柳の舞
    由来・語源 東北・北海道での呼び名。「ヤギ類(刺胞動物)の密生するあたりにいるため」と『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)にある。
    旧メバル属 カサゴ科メバル属ヤナギノマヒ。『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1938)
    Hilgendorf
    Franz Martin Hilgendorf(フランツ・ヒルゲンドルフ 1839-1904 ドイツ)。動物学者。お雇い外国人教師として来日。第一大学区医学校で日本で初めて博物学の講義を行う。魚類の採取を積極的に行い。魚河岸や江ノ島に通い。函館など日本各地を旅行した。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。水深355mよりも浅い岩礁域、砂泥地で群れを作る。
    北海道オホーツク海沿岸、北海道〜新潟県、【富山湾】の日本海沿岸、北海道〜岩手県の太平洋沿岸、神奈川県三崎、能登半島、鳥取県でもとれることがある。サハリン南西岸・南東岸・西岸、千島列島。

    生態

    卵胎生。
    交尾期は12月、出産期は6〜7月。

    基本情報

    北海道での水揚げが多い魚で、まとまってとれるために安い。高鮮度化が進み、希に関東でも生食できるものが手に入るようになっているが、基本的に野締めのものが多く鮮度落ちが早いので消費地での生食は難しい。ただし汁、煮つけ、焼きものなど用途が多く、しかも安いので北国を代表する総菜魚。
    関東にも入荷量が多く、安いものの、北海道くる「ソイ」類、エゾメバルなどとともに馴染みが薄く、売れない魚の代名詞と言われたこともある。クセのない味のいい魚でもっと利用されてもいいと思う。

    水産基本情報

    市場での評価 入荷は少なくない。安い。
    漁法 刺し網、定置網、延縄、底曳き網
    産地 北海道、岩手県

    選び方

    味わい

    旬は冬。
    寒い時期に味がよく、初夏の出産時に味が落ちる。
    鱗は薄く細かく取りやすい。皮はあまり硬くない。
    透明感のある血合いの薄い白身で熱を通しても硬くならない。身離れがいい。

    栄養

    危険性など

    アニサキス寄生の可能性が否定できない。

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ヤナギノマイの料理法・レシピ・食べ方/汁(みそ汁)、煮る(煮つけ)、ソテー(バター焼き)、揚げる(唐揚げ)、生食(刺身)
    ヤナギノマイのみそ汁
    ヤナギノマイのみそ汁 水洗いしたらおおざっぱにぶつ切りにする。胃袋や肝なども捨てないで取っておく。これを湯通しして残った鱗や血液などを流す。これを水(昆布だしでもいいし、うま味が足らなければ出しの素を使ってもいい)で煮だしてみそを溶く。ジャガイモ、にんじん、玉ねぎ、大根など野菜と一緒に煮て食べてもうまい。


    ヤナギノマイの煮つけヤナギノマイの煮つけ ヤナギノマイは水洗いして湯通しする。残った鱗や血液などを洗い流す。よく水分を切り、酒、砂糖、しょうゆの味つけで煮る。しょうがは仕上がりに搾り汁を落としてもいいし、一緒に煮てもいい。こってりと煮るとご飯に合うし、酒、塩などでたんぱくに煮るとこれはこれでまたいいのだ。

    ヤナギノマイのバター焼きヤナギノマイのバター焼き 比較的庶民的な値段なのでおかずにして気軽に使うといい。水洗いして三枚に下ろし、腹骨を切り、血合い骨を抜く。塩コショウして少し置き、始めはサラダオイルなどでソテー、仕上げにマーガリン(バターでも)と白ワイン(酒でも)で風味づけ。しょうゆをたらすとご飯がすすむおかずになる。

    ヤナギノマイの塩焼きヤナギノマイの塩焼き 上品なというか淡泊な味わいの白身で皮目に味がある。どちらかというと塩焼きにして香りと、皮目の風味を楽しむ。水洗いしてよく水分をきり、振り塩をして1時間以上寝かせる(振り塩をして少し置き、そのまま冷凍してもいいし、冷蔵して1、2日の間に焼いてもいい)。これをじっくりと焼き上げる。

    ヤナギノマイの唐揚げヤナギノマイの唐揚げ 水洗いして三枚に下ろす。頭部、身などは適宜に切る。中骨はそのまま。片栗粉をまぶして少し置き、表面に水分が浮き上がってきたら再度片栗粉をまぶす。これをじっくりと2度揚げにする。鰭や皮などは香ばしく、身はほんのり甘味がある。ビールにとても合う。

    ヤナギノマイの刺身ヤナギノマイの刺身 北海道南部の魚は近年高鮮度化を推し進めているようである。これが非常に上質で関東にいてもヤナギノマイなど鮮度落ちの早い魚を、再評価したくなるようなものが手に入るようになってきた。活け締めしたものは身が適度にしまり、血合いが弱く見た目にもきれいで味わい深い。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)

    地方名・市場名

    ダッコ ハツメ
    場所北海道 
    モンキ
    場所北海道 参考『北日本の魚と海藻』(尼岡邦夫、仲谷一宏ほか 北日本海洋センター) 
    モヨ モイ
    場所北海道小樽 参考『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版) 
    ダック
    場所北海道後志地方南部 参考小林昌紀さん 
    ヤナギノマイ ヤナギノマエ
    場所東北、北海道 参考『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版) 
    ヤナギノメ
    場所青森県鰺ヶ沢 参考青森県水産技術センター 
    ヤナギ
    場所青森県龍飛・鰺ヶ沢 参考青森県水産技術センター 
    キゾイ
    場所北海道根室 
    キハダ
    場所岩手県 
    モイ モヨ
    場所北海道小樽 
  • 主食材として「ヤナギノマイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ