タケノコメバル(Oblong rockfish)

Scientific Name / Sebastes oblongus Günther,1880

タケノコメバルの形態写真

35cm SL 前後になる。紡錘形に近く、体高は低い。腹は鰭の一部に筍の皮を思わせる斑紋はある。尾鰭の後縁は丸い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
    外国名
    Oblong rockfish
    学名
    Sebastes oblongus Günther,1880
    漢字・学名由来
    漢字 筍目張 Takenokomebaru
    語源・由来 〈大阪方面では筍(たけのこ)の出る頃に頗る(すこぶる)美味となると称し、また美味の時には筍よりも美味だと言っている。〉とある。これはメバル(クロメバル、シロメバル、アカメバル)が旬を迎える(多く揚がる時季)に竹の子が出てくるから、の曲解かも。『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
    私見だが、真竹の子の皮に模様が似ているためではないか、とも思われる。
    Günther,
    Albert Karl Ludwig Gotthilf Günther (アルベルト・ギュンター 1830-1914 ドイツ→イギリス)。動物学者。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水魚。浅い岩礁域。
    北海道〜長崎県の日本海・東シナ海沿岸、瀬戸内海、北海道日高、青森県〜三重県の太平洋沿岸、土佐湾。
    朝鮮半島南岸・東岸。
    生態
    基本情報
    北海道から九州までと朝鮮半島の比較的浅場に生息する。流通の場ではそれほど珍しくはないが、探すと大変、そんな魚だ。
    個体数が少なく一般に認知度が低いのと、見た目の立派さのわりに味が平凡であるため、同じメバル科でもカサゴと比べると評価は低い。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は希。小さいものは安く、大型はやや高値。一定の評価がないので価格が不安定だ。
    漁法 定置網、刺し網
    産地 長崎県ほか
    選び方
    活魚がいい。触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は秋から春
    鱗は硬いが取りやすい。皮は厚く硬い。骨はやや硬め。
    透明感のある白身で液体を介して熱を通す限りはあまり硬くならない。身離れがいい。いいだしが出る。
    焼くとやや締まりすぎる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    タケノコメバルの料理法・調理法・食べ方/煮る(煮つけ)、汁(潮汁、しょうゆ汁、みそ汁)、生食(焼霜造り、刺身)、焼く(塩焼き)
    メバルの煮つけ
    タケノコメバルの煮つけ 水洗いしておおざっぱに切る。肝や心臓、胃袋なども捨てないこと。これを湯通しし、氷水に落として残った鱗やぬめりを流す。水分をよくきり、酒、しょうゆ、水で煮る。さし昆布をしても昆布だしを使ってもいい。またみりん、砂糖を入れて甘辛く素朴に煮るとご飯に合う。

    メバルの潮汁タケノコメバルのしょうゆ汁 メバル属のなかでは比較的大形なのであらや内臓を集めて置く。これを湯通しして冷水に落とす。残った鱗やぬめり、血液などを流して昆布だし(水、もしくはさし昆布を)で煮出す。酒、薄口しょうゆで味つけする。塩だけでもみそ味にしてもうまい。
    タケノコメバルの焼霜造り(焼き切り) 筋肉にはあまりうま味がなく、また脂が豊かにのることもないと思う。単に刺身にしてもおいしいが皮のうま味を生かすということで焼霜造りにした。湯をかける皮霜造りには皮が強すぎる。筋肉の上品な味わいに皮の食感、うま味がプラスで実にうまい。
    タケノコメバルの刺身 カサゴ類は締めると急速に鮮度が落ち、透明感がなくなる。刺身にはできれば活魚を使いたい。上品な味わいで無個性だ。白身の刺身としてはほんのり甘味があり決して悪くはない。この淡泊な味わいを補填するのが肝。甘味とうま味が強く、肝じょうゆにして刺身というのがオススメ。
    タケノコメバルの塩焼きタケノコメバルの塩焼き 本種などカサゴ亜目の魚は液体か油分を使った料理の方がいいと思っている。二枚に下ろして骨つきの方に振り塩をして少し寝かせてじっくりと焼く。身が締まりすぎて硬いが皮目の風味がいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    三陸などではルアー釣りの対象として人気がある。またを東北太平洋側を海沿いに北上していたら防波堤釣りであがっていた。当地では身近な浅海の魚であるようだ。バケツの中は大小入り混じり、タケノコメバルだらけ。見ているとテトラの間に餌を落とすとすぐに釣り上がる。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
    地方名・市場名 [?]
    モウオ
    参考出間リカさん 場所三重県鳥羽市 
    モイオ
    参考出間リカさん 場所三重県鳥羽市安楽島 
    タケノコメバル
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所大阪府、兵庫県神戸・赤穂、山口県宇部・下関、石川県七尾・宇出津 
    クロハツメ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所富山県富山県東岩瀬 
    ガアフク
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所広島県旧賀茂郡 
    カブトメバル
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所愛媛県松山市 
    キュウリソイ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所青森県 
    カガニ(ガガネ)
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所高知県 
    ベッコウスイ
    場所三陸 
    ボイジョ
    参考『石巻の四季のさかな』(石巻魚市場株式会社) 場所宮城県石巻魚市場 
  • 主食材として「タケノコメバル」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ