ゴマゾイ(Snowy rockfish)

Scientific Name / Sebastes nivosus Hilgendorf,1880

ゴマゾイの形態写真

体長35センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
    外国名
    Snowy rockfish
    学名
    Sebastes nivosus Hilgendorf,1880
    漢字・学名由来
    漢字 胡麻曹以
    由来・語源 北海道室蘭での呼び名。体中に白ごまのような斑紋が散らばるため。
    地方名・市場名 [?]
    アオホゴ カミシモ ゴマスイ ナツバオリ[夏羽織]
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。水深100メートルよりも浅場。
    北海道〜相模湾の太平洋沿岸、青森から秋田、新潟、富山、島根、山口などの日本海沿岸。
    生態
    基本情報
    流通するソイ類(メバル属)のなかでも少ないもののひとつ。
    関東ではいざ探そうとしても、なかなか手に入らない。
    味が良く、見た目がいいので活魚は高級である。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は希。高価。
    漁法 釣り、定置網
    産地 気仙沼、茨城県など
    選び方
    触って張りのあるもの。全体に丸みのあるもの。
    味わい
    旬は秋から冬。
    鱗は小さく取りにくい。皮は厚くしっかりしている。
    白身で鮮度がよいと透明感がある。
    骨やあらからいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 刺身、汁(みそ汁、鍋)、唐揚げ
    刺身◆活魚の刺身は絶品。食感も豊かで味わい深い。
    汁◆鍋仕立てに、またみそ汁にしてもうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ゴマゾイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ