キツネブダイ(Pacific longnose parrotfish)

Scientific Name / Hipposcarus longiceps   (Valenciennes, 1840) 

キツネブダイの形態写真

体長50センチを超える。猫の目状で頭部が長く細長い。尾鰭は二重湾入形。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ブダイ科ハゲブダイ属

    外国名

    Pacific longnose parrotfish

    学名

    Hipposcarus longiceps   (Valenciennes, 1840) 

    漢字・学名由来

    漢字 狐舞鯛、狐部鯛
    由来・語源 面長で狐(キツネ)を思わせるから。
    Valenciennes
    アシル・バランシエンヌ(Achille Valencienne 1794-1865)はフランスの動物学者。ジョルジュ・キュビエとともに『魚類の自然誌』を刊行。国内で水揚げされる多くの魚を記載。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。サンゴ礁域。
    沖縄諸島以南の琉球列島。台湾東部、・南部、福建省、香港、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、東インド-太平洋。

    生態

    基本情報

    国内では鹿児島県南部、沖縄県などで流通する。
    「イラブチャー」、すなわちブダイの一種。
    大型で味がいいとされている。
    値段はやや高め。

    水産基本情報

    市場での評価 沖縄の「いらぶちゃー」の中でも水揚げの多いもの。やや高値がつく。
    漁法 釣り、刺突漁
    産地 沖縄県

    選び方

    味わい

    旬は不明。
    鱗は薄く大きく手で取ることが出来る。皮は厚くて強い。骨はあまり硬くはない。
    透明感のある白身で熱を通してもあまり硬く締まらない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    料理法 ソテー(バター焼き)、生食(焼霜造り、皮霜造り)、汁、煮つけ
    ソテー◆沖縄の郷土料理「バター焼き」は塩コショウしてバターでソテーするもの。仕上げ煮しょうゆをたらすとおかずになる。
    生食◆「イラブチャーの刺身」の基本は皮つきである。熱湯をかけて皮霜造り、もしくは皮を焼いての焼霜造りがうまい。
    汁◆あらなどは潮汁、みそ汁にして美味。
    煮つけ◆あらなどを煮つけにしてもうまい。
    透明感のある白身。
    皮は厚く薄紅色。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    「沖縄で漁獲される主要魚の名称一覧表(和名-方言)」、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『沖縄県、八重山地方における生態と世界観に関する文化人類学的研究』(山田貴子 京都大学図書館)、『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)

    地方名・市場名

    シロベラ[白べら]
    場所沖縄県那覇市泊漁港 
    シロボーラー[白ボーラー]
    場所沖縄県石垣島 
    タンメーボーラー
    場所沖縄県石垣島 性別雄 
    ボーダ
    場所沖縄県鳩間島 
    ボーラー
    場所沖縄県本島・八重山(石垣島) 
    ブータ
    場所沖縄県沖縄県南城市知念漁協・宮古・八重山佐良浜 
    イラブチャー
    場所糸満 
    イラブツ
    場所波照間島 
  • 主食材として「キツネブダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ