アミメブダイ(Bridled parrotfish)

Scientific Name /  Scarus frenatus Lacepède,1802

アミメブダイの形態写真

SL 36cm近くになる。頬の鱗は3列。上の歯の半分以上が唇に被われる。腹部に縦帯がない。雄は濃緑色で尾柄部が明るい青。雌は全体に赤みを帯びていて鱗が目立ち、網目状に見える。
アミメブダイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 36cm近くになる。頬の鱗は3列。上の歯の半分以上が唇に被われる。腹部に縦帯がない。雄は濃緑色で尾柄部が明るい青。雌は全体に赤みを帯びていて鱗が目立ち、網目状に見える。SL 36cm近くになる。頬の鱗は3列。上の歯の半分以上が唇に被われる。腹部に縦帯がない。雄は濃緑色で尾柄部が明るい青。雌は全体に赤みを帯びていて鱗が目立ち、網目状に見える。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ブダイ科アオブダイ属
    外国名
    Bridled parrotfish
    学名
    Scarus frenatus Lacepède,1802
    漢字・学名由来
    漢字 網目舞鯛、網目部鯛
    由来・語源 たぶん雌でつけた呼び名。網目のあるブダイの意。
    Lacepède
    Bernard Germain Lacepède(ベルナール・ジェルマン・ド・ラセペード 1756-1825 博物学者、音楽家。フランス)はビュフォン(Georges-Louis Leclerc de Buffon 博物学者。リンネとは違った配列を試みた)の後継者。
    地方名・市場名 [?]
    イラブチャー
    備考「シンクチ(リーフの外)の少し高い緑の雑イラブチャー」。 場所沖縄県石垣島[河村さん] 
    オーバチャー
    参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県南城市知念漁協 
    生息域
    海水魚。サンゴ礁域、岩礁域。
    小笠原諸島、沖ノ鳥島、高知県柏島、屋久島、琉球列島、南大東島。
    幼魚/八丈島・相模湾
    台湾、福建省、東沙諸島、南沙諸島、タイランド湾、インド-太平洋(ハワイ諸島、イースター島を除く)
    生態
    基本情報
    沖縄のブダイ類のなかでは小型種。イロブダイやナンヨウブダイと比べると安いようだ。
    水産基本情報
    市場での評価/ブダイ類としては小型。雌がとりわけ小さいということはない。比較的安い。
    漁法/刺し網、定置網、刺突漁
    産地/沖縄県
    選び方
    触って張りのあるもの。鰓が赤く、退色していないもの。
    味わい
    旬は不明。
    またブダイ類の痩せている時期(産卵によるダメージを受けている)などは複雑でわかりにくい。
    鱗は柔らかく手でもとれるが意外にやっかいである。皮は厚みがあって強い。
    透明感のある軟らかな白身。痩せていると熱を通すと強くしまる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    アミメブダイの料理法/揚げる(天ぷら)、ソテー(バター焼き)、生食(皮霜造り)、煮る(まーす煮)
    イラブチの天ぷら
    アミメブダイの天ぷら 身は柔らかく皮は強いが熱を通すとほどよく柔らかくなる。4月の個体は熱を通すと微かに臭味が出たが、香辛料などを使うと美味しく食べられる。ここでは小麦粉をまぶして、塩、こしょうで味つけした衣で高温で短時間揚げたもの。ビールやベーキングパウダーをつかうとさくっとして柔らかくおいしい。

    オーバチャーのバター焼きアミメブダイのバター焼き 上質の白身で熱を通すとふんわりと柔らかくなる。皮目はソテーすると香ばしく揚がる。塩コショウしてたっぷりの脂で皮目からじっくりとソテー。仕上げにマーガリン(バターでも)で風味づけする。出来上がりにしょうゆをたらすとご飯に合う。
    イラブチャーの刺身アミメブダイの刺身(皮霜造り) 4月の個体は熱を通すと微かに臭味が出た。これは周年産卵するブダイ類で、ちょうど不安定な時期にあたっていたのかも。ただし沖縄風に皮霜造りにしたものは臭味もなく、ほどよい甘味があって美味だった。
    オーバチャーのまーす煮アミメブダイのまーす煮 周年産卵するとされるブダイ類なので今回の個体も味が不安定な時期にあたっていた気がする。やや強めの塩水で短時間煮きるように熱を通す。上質の白身でまずくはないが臭味が出た。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「アミメブダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ