ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ナンヨウブダイ(Steephead parrots)

Scientific Name / Chlorurus microrhinos (Bleeker, 1854)

ナンヨウブダイの形態写真

体長70センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ブダイ科ハゲブダイ属
    外国名
    Steephead parrots
    学名
    Chlorurus microrhinos (Bleeker, 1854)
    漢字・学名由来
    漢字 南洋部鯛
    由来・語源 ブダイの仲間で南洋(熱帯)に多い。
    Bleeker
    Pieter Bleeker(ピーター・ブリーカー 1819-1878 オランダ)。医師、魚類学者。『東インドオランダ領の魚類図鑑』(Atlas Ichtyologique des Indes Orientales Netherlandaises 1862-1878)。軍医としてバタビア(現インドネシアジャカルタ)に赴任。インド洋、西太平洋の魚を採取。
    地方名・市場名
    アウハツー/沖縄宮古
    オーバチャー/沖縄石垣島・沖縄県南城市知念漁協
    ガナー/沖縄県南城市知念漁協
    ゲンナー/沖縄石垣島・沖縄県那覇市泊漁港。「玄翁(げんのう かなづち、トンカチなど)で頭をたたかれたように頭部が腫れている(盛り上がっている)ため。
    ゲンノウイラブチャー/沖縄本島
    生息域
    海水魚。サンゴ礁。
    小笠原、屋久島、琉球列島。琉球列島。インド・中部太平洋。
    生態
    基本情報
    沖縄県ではもっとも人気の高いイラブチャー(ブダイ)のひとつ。
    居酒屋などでの刺身の定番的なもの。
    魚汁(みそ汁)など日常的に食べられている。
    水産基本情報
    市場での評価 沖縄県などでは重要な食用魚。やや高値。
    漁法 網漁、銛漁
    産地 沖縄県、鹿児島県、東京都
    選び方
    色の濃いものでコバルトブルーが鮮やかなもの、鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は軟らかく取りやすい。皮は厚く丈夫。
    骨はやや硬く、小骨がない。
    透明感のある白身。
    アラなどから非常にいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 刺身、魚汁(みそ汁)、バター焼き
    刺身◆必ず皮つきで皮霜造りにするのが沖縄流。身に甘みがあり、皮と皮の際にうま味がある。
    魚汁◆アラなどのみそ汁は絶品である。やや濃いめのみそ汁にすると、ご飯の主菜になる。
    バター焼き◆小麦粉をつけないでバター、もしくはマーガリンでこんがりと焼いたもの。沖縄で戦後に生まれた郷土料理だが、やや淡泊な味わいにバターの香り油分が合う。
    透明感のある白身。
    皮目は色鮮やか。
    ナンヨウブダイの刺身刺身は必ず皮付きで与那城漁協「くじらはま食堂」。
    ナンヨウブダイの魚汁「魚汁」はみそ汁である。汁物という定義ではなく主菜。
    沖縄の郷土料理「バター焼き」。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、「沖縄で漁獲される主要魚の名称一覧表(和名-方言)」、『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)
  • 主食材として「ナンヨウブダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ