オオモンハゲブダイ(Bower's parrotfis)

Scientific Name / Chlorurus bowersi (Snyder, 1909)

オオモンハゲブダイの形態写真

SL27cm前後になる。目の後ろから胸鰭の後ろにかけてオレンジ色の大きな斑紋がある。背鰭にオレンジ色の縦縞があるが2本と、1本の個体がいる。
オオモンハゲブダイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL27cm前後になる。目の後ろから胸鰭の後ろにかけてオレンジ色の大きな斑紋がある。背鰭にオレンジ色の縦縞があるが2本と、1本の個体がいる。SL27cm前後になる。目の後ろから胸鰭の後ろにかけてオレンジ色の大きな斑紋がある。背鰭にオレンジ色の縦縞があるが2本と、1本の個体がいる。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ブダイ科ハゲブダイ属
    外国名
    Bower's parrotfis
    学名
    Chlorurus bowersi (Snyder, 1909)
    漢字・学名由来
    漢字/大紋禿舞鯛
    由来・語源/文様から。
    地方名・市場名 [?]
    アカカマチャー
    場所沖縄県宮古 
    ユラー
    場所沖縄県南城市知念漁協 
    ヘイタイイラブチ
    場所沖縄県本島 
    ヘイタイイラブチャー
    場所沖縄県石垣島 
    生息域
    海水魚。岩礁・サンゴ礁域。
    屋久島、琉球列島。
    台湾、東沙諸島、南沙諸島、フィリピン諸島、パラオ諸島、ジャワ島、ミャンマー、フィジー諸島。
    生態
    基本情報
    主に琉球列島のサンゴ礁域にいる。比較的小型種なのでナンヨウブダイなどと比べると食用魚としての価値は低い。
    水産基本情報
    市場での評価/入荷は希。安い。
    漁法/
    産地/沖縄県
    選び方
    体色がくっきり鮮明なもの。触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は薄く大きく手で取れる。皮は厚みがあって強い。
    透明感のある白身。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    オオモンハゲブダイの料理法・調理法・食べ方/煮る(まーす煮)

    オオモンハゲブダイのまーす煮 水洗いして、少量の塩水で短時間で煮上げる。一緒に硬い島豆腐を煮るのが沖縄ならでは。本種は身が繊維質ではなくもろいので、煮ると少し痩せるものの、イヤミのない味わいでおいしい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん
    『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「オオモンハゲブダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ